LINEを交換する方法|ID検索出来ない時の対応|連絡先の管理方法

男性向けノウハウ

コミュニケーションツールとして現在最も多く利用されているのがLINE。

ナンパなどの対面・出会い系や婚活のアプリなど、どのシチュエーションにおいても最終的にはLINEで連絡先を交換することになります。

スムーズに連絡先を交換できるようにするため、念のため操作方法など確認しておきたいです。

格安SIMを使用している場合なんか、年齢認証が出来ないのでID検索ができませんね。

もし格安SIMを使うならID検索が使えるLINEモバイルが良い気がします。

他の状況によってもLINEのID検索ができないこともありますので、代わりの手段も紹介します。

また、LINEをいくつも交換していると誰が誰なのかわからなくなりますので、連絡先としてうまく管理する方法も大切です。

LINEを交換する方法

LINE IDを交換して検索

もっとも基本的なのがLINEのIDを検索する(検索してもらう)方法です。オンラインでもオフラインでも使えます。

自分のLINE IDを確認する方法

▼LINEのその他からプロフィール

LINEその他プロフィール

▼プロフィールページにLINE IDがあります

LINEID検索

IDを検索する方法

▼その他から友達追加

LINEその他友だち追加

▼ID/電話番号とうところ

LINEID電話検索

▼IDもしくは電話番号で検索できます

LINEID電話番号検索

あらかじめわかりやすいIDにしておく方が良い

LINEのID交換で手間取るのは避けたいです。

無駄に複雑で長いIDだと、自分で覚えるのも大変ですし入力してもらうのも相手にストレスを与えてしまいます。

ですので、僕の場合は相手に簡単に入力して貰えることを想定して、短くて単純なIDにしています。

ただ、現状ではLINEのIDを変更するには一旦LINEのアカウントを削除して作りなおす方法しか存在しないようです。

一度登録済みの情報が消えてしまいますが、もしそれでも可能な人は今後のために単純明快なIDに変更しておくのも手です。

LINE QRコード

相手と対面(オフライン)での交換であればQRコードを利用するのが一番簡単です。

自分のQRコードの読み取り・表示方法

▼その他から友達追加

LINEその他友だち追加

▼QRコード

LINE友達追加QRコード

▼QRコード読み取りの画面になります。

LINEQRコード読み取り

↑「自分のQRコードを表示」で自分のコードを表示できます。

その他のQRコード利用方法

自分のQRコードを印刷した名刺などを用意しておけば、さっと読みとってもらえます。

また、番号を渡して「連絡してください」というのに加えて、「LINEしてください」という使い方も手段に加えておくのも有り。

あとは、相手がPCやiPadなどでもLINEを使っている場合に限りますが、QRコードのスクリーンショットの画像を送って、スマホで読みとってもらうという方法もあります。

あとはスマホのロック画面をQRコードの画像にしてしまうなど。

LINEへのリンクを送る

IDを検索が出来ない場合の代替手段です。

LINEのID検索は年齢認証(18歳以上)が必要

LINEのID検索のデメリットは年齢認証してあるアカウントでないと出来ないということです。よって以下の人はIDを検索が出来ません。

  • 18歳未満の人
  • 格安SIMなどを利用していて年齢認証が出来ない人

僕も格安SIMを利用しているので、残念ながらLINEのID検索が利用できません。LINE社が改善してくれるのを期待して待つしか無いので、それまでは代替手段を使っていきましょう。

LINEへのリンクを取得

実は、クリックすると自分のLINEのプロフィールへ飛べるリンクが用意されています。これの取得方法を確認。

▼自分のQRコードの表示画面する

LINEメールを送信

↑右上のメニューをタップ>メールで送信

▼自分が使っているメールアプリで開く

すると相手に送るメッセージが自動で作成されて出てきます。

LINEメール送信画面

この文章の一番下にある「http://line〜」のリンクをタップすると、あなたのLINEが表示されるようになってます。

で、このリンクは毎回表示させるのも面倒なので、スマホの中のメモ帳か何かにコピーして保存しておけば楽です。

LINE以外の連絡手段で送る

メッセージのやり取りが出来る手段を何でもいいので用意します。例えば以下。

  • メールアドレス
  • 電話番号を交換してSMS(ショートメッセージ)
  • 各アプリなどのメッセージ機能

テキストが送れるなら何でもいいです。

これらを使って、上記のリンクを相手に送れば、相手側であなたのLINEアカウントを表示することができます。

ふるふるで交換

対面(オフライン)での交換に限りますが「ふるふる」でも交換できます。

だいたいQRコードで交換してしまうので、使い所があるかわかりませんが一応。

LINEの年齢認証できないときはPCでID検索

年齢認証が出来ないとID検索が出来ないということは有名だと思います。

が、これがパソコンのLINEアプリからなら検索が出来ます。

僕はスマホが年齢認証できないので、相手からIDを教えてもらえるときはパソコンから検索して友達追加しています。

LINE上での連絡先の管理方法

ストナンやネトナン(マッチングアプリ)をきっかけにLINEを交換しますが、いくつもLINEを追加していくと、LINEのアカウントと人物が一致しなくなります。

特別記憶力が高い人以外は連絡先をうまく管理する必要があります。

で、問題なのはLINEアプリには連絡帳のように情報を書き込む機能が無いということ。

おすすめの管理方法は2つ。

  • LINEの名前欄に簡易的なメモを残す
  • Googleコンタクト(連絡帳)に記録する

LINEの名前欄にメモを残す

LINEの名前は自由に設定できますので、正直本人と全く関係が無い名前にしている人も少なく有りません。好きなタレントの名前とアイコンを設定しているバカ女も結構います。

幸い、名前の欄は自由に書き換えが可能なので、誰なのかわかるようメモを残します。ただ、名前の欄は約20文字しか入力できませんので、簡易的なメモとなります。

メモできる内容例
  • 出会った場所・きっかけ
  • 年齢
  • 職業
  • 見た目の特徴
  • その他プロフィール

ストナンであれば、ナンパ時に入手した情報の中から選んで入力しておきます。

ついでに、LINE交換後に「今日は渋谷で声掛けてよかったよー」的なメッセージを送って置いて、メッセージの内容にメモを残すという手口もあります。

マッチングアプリであれば、アプリ名と年齢身長くらいの情報になります。

例:はなこ w24158 看護
→はなこちゃん withアプリ 24歳 158cm 看護師の意味

文字数を省略するために、アプリの頭文字だけ入れてます。

LINE交換したあともしばらくはアプリを開いてプロフィールや、アプリ内でのやり取りを見返します。そのときに、どのアプリでLINE交換したのかわかるようにして置いた方が便利です。

ついでに、LINEで「w」と検索するとwithで交換した相手一覧を表示できるようにもなります。

Googleコンタクト(連絡帳)に別途記録

LINEの名前欄に書ききれない情報はどうしても別の連絡帳ツールを利用しなければなりません。電話番号とかその他いろいろ。

どのアプリでもいいのですが、こだわりなければGoogleコンタクトがおすすめです。

Googleの連絡帳のいいところはGoogleカレンダーと同期できること。

同期が出来て一番便利なのは誕生日などの記念日を通知できることです。

誕生日の1週間前とかに通知するように設定しておけば、なにかしら使えます。

あ、これ普通に仕事関係の人とかの誕生日を忘れないようにしておくのにも使えるので便利ですよ。

Googleカレンダーはアポの予定を書き込んだりいろいろ使うので、使ってない人は触ってみてください。