X:Twitterでセフレを作る方法「#セフレ募集」は9割業者

「X(旧Twitter)でセフレを見つける」という考えは、一見魅力的です。忙しい日常の中でも、SNSを通じて気軽に出会いを探せるのは、確かに便利です。私自身もかつてTwitterで出会いを求めた経験があります。

しかし、現実は少し異なります。「#セフレ募集」というハッシュタグを使っているアカウントの多くは業者であり、一般人を見分けるのは困難です。さらに、他のユーザーとの競争も激しいため、成功には相応の根気が求められます。

Twitterでセフレを作るデメリット
  • かなり手間がかかる
  • 出会い〜セックスまでの時間(期間)もかかる
  • そもそも成功率はかなり低い
  • 詐欺など被害に会うリスク
  • 法律を犯してしまうリスク

総括すると、Twitterでセフレを探すのは非効率的です。マッチングアプリの方が、業者のフィルタリングが容易で、セフレ探しにはずっと効率的です。Twitterでのセフレ探しには、実のところ、あまり意味がないと言えるでしょう。

この記事では、Twitterがセフレ作りに適していない理由や、マッチングアプリがより安全で効率的な理由を解説します。また、Twitterを使ったセフレ探しの方法も紹介しますが、それは非常に努力が必要な方法です。本気でTwitterでセフレを探したい方だけにお勧めします。

目次

X Twitterでセフレ:ネトナン

出会い系を使い始める前、僕にもTwitterでセフレを作ろうと思っていた時期がありました。Twitter上で知り合ったのは、当時23歳だったOLの女性。同じバンドが好きだったこともあり、Twitter上でやりとりしているうちに意気投合。DMでご飯に誘いました。
すると、「SNSで知り合った人だし、少し怖い」とのこと。仕方なくラインを交換。その後しばらくやり取りを続けることになり、数カ月後に再度デートに誘ってみると、ついにOKが。
その後は、飲みに行って、カラオケ行って、セックスです。結局顔があまり好みではなかったので、彼女とはそれっきり。セフレにはできませんでしたが、一応Twitterでもヤれるんだな、と実感した出来事でした。

正攻法なやり方

参考までに、僕が行った「Twitterでセフレを作る(セックスする)方法」をご紹介します。

Xでセフレが出来る流れ
  • 認知してもらう
  • 仲良くなる
  • 会う理由を作る・会ってみたいと思われる
  • アポイントを取る
  • 会ったあとは「一般的な女性の口説き方」と同じ

おすすめはしませんが、根気と気合があって暇な時間がある人だけどうぞ。

趣味の合う人をフォロー

#趣味でフォロー

まずは、Twitter上で「趣味の合う人」をどんどんフォローしていきます。趣味の合う人同士の方が会話が盛り上がりますし、実際の出会いにもつながりやすいからです。

Twitterの検索画面から、同じ趣味を持った人を見つけてみましょう。

音楽好きなら「♯好きなバンド名」、カメラ好きなら「♯写真」のように、ハッシュタグを付けて検索してみてください。趣味の合いそうなツイートが表示されるはずです。

その中から、セフレにしたい女の子をフォローしていきます。

後で触れますが、Twitterでセフレを作るには「タイムラインのチェック」が重要です。なので、フォローする人数は、ツイートを全てチェックしきれるくらいの人数にしましょう。

僕の主観ですが、だいたい100〜200人位がおすすめです。

また、1日に大量のユーザーをフォローしすぎるとスパムとされてアカウントが凍結されてしまいます。なので、1日に10〜20人位ずつフォローを増やしてくださいね。

気になる人のツイートに「いいね」を押していく

Twitterいいね接触

フォローが終わったら、気になる女の子のツイートに「いいね」を付けていきます。いいねを付けることで、相手の意識をこちらに向けさせるわけです。

ただ、あまりいいねを付けすぎると気持ち悪がられます。なので、8〜10ツイートに1回くらいのペースでいいねを付けていくのがおすすめです。

もし、その子が1日に何度もツイートをするようなら、いいねを押す間隔は数日開けるのが得策。コツは、さり気なく意識させることです。

引用リツイートをする

引用RT共感

2〜3個いいねを付けたら、今度は「引用リツイート」をします。

引用リツイートとは、相手のツイートにコメントを付けてリツイートできる機能のこと。

この機能を使って、相手が呟いたことに共感を示してリツイートしてあげましょう。

ツイートの内容に関して、「ほんとにコレですよね…わかってる!」みたいな感じです。

誰だって、自分の言っていることに共感されれば嬉しいもの。

引用リツイートすることで、相手がコチラを意識するだけでなく「関心」を持つようになります。

リプを返してみる

ツイッターリプで距離を縮める

引用リツイートまでいったら、今度は「リプ」を返してみます。リプとは、相手の呟きに返事をすることです。

リプを返すのは、「引用リツイートにいいねしてくれた人」や、「自分の呟いたことにいいねしてくれた人」がおすすめ。

そういう人は、少なからずこちらに「関心がある」ということですからね。そのためにも、1日1ツイートくらいはして、相手がこちらに「いいね」できる状況を作ってあげましょう。

もちろん、つぶやく内容は「最初に設定した趣味」に関すること。ユーザー間で共通の話題を呟く方が、いいねをもらいやすいです。

リプを送る際も必ず「共感した」という旨の返事を送ります。

◯◯の新しいアルバムほんとよかったー
自分も聴きました!最高でしたよね(^^)

もしリプが返ってきて来たら、可能な限り返信してください。

あとは、定期的にリプを繰り返していきます。間隔は、だいたい4〜5日に1回というところでしょうか。

そのうちに、仲良く話せる子が出てきたら、いよいよ最終段階です。

最後はDMで直接連絡

最終段階は、アポ取りです。

アポは、DM(ダイレクトメッセージ)で行いましょう。

送る内容ですが、相手に不信感を与えないメッセージであれば、なんでも大丈夫です。

ちなみに、僕が送ったのはこんな感じ。

Twitter DM 例
  • 👨🏻‍🦲:こんにちは!いきなりのDM失礼します!◯◯さんと何度かリプのやりとりをさせてもらってたんですが、とても気が合う方だなと思ってました(^^)もしよかったら、今度ご飯でも行けたらと思ってるんですが、いかがでしょうか?
  • 👩🏻:えー、どうしよっかな……

あとは、お酒でも入れてホテル行ってさっさとセックスするだけです。

アポを取った移行はもうTwitterは関係なく、一般的な口説き方を実践して普通にセックスする関係になるだけです。

X Twitterでセフレ:人気アカウントでオフパコ

もしあなたがそれなりに人気のアカウントを作れるのであれば、フォロワーさんとオフ会するのは簡単です。しっかり何かしらの活動をしているアカウントであれば、そのアカウント自体に信用が生まれるからですね。

僕も普通にオフ会とか、人妻さんとランチとかしたことあります。
※会ったら人妻さんだっただけでオフパコを狙ったわけではない

しかし、フォロワーが多いという信用があれば簡単に会えますが、比例して信用を失うリスクも持つことになります。

よくタレントさんや芸人さんが過去に遊んだだけの女に晒されてるニュースを見てるのでわかると思います。

うまく立ち回りましょう。

X Twitterでセフレ:エロ裏垢

X(旧Twitter)でのセフレ探しにおけるある種の裏道が「エロ裏アカウント」です。一見すると普通のアカウントと変わらないこの手法は、知る人ぞ知る出会いの世界を提供しています。しかし、エロ裏アカウントを用いる際には、特有のルールと慎重なアプローチが必要です。

セフレ用アカウント 女性向けエロ垢を作る

セフレを探す目的でX(旧Twitter)を利用する際、特に女性向けのエロアカウント作成は一つの効果的な手段です。この方法では、一般的なプロフィールとは異なり、より大胆かつ魅力的なコンテンツを投稿することに重点を置きます。重要なのは、安全性とプライバシーの保護を最優先に考え、自分自身のリスクを最小限に抑えることです。

具体的には、匿名性を保ちつつ、自分の趣味や性格が伝わるようなプロフィールを作成しましょう。また、直接的過ぎる内容や個人を特定できる情報の公開は避け、セキュリティを意識したアカウント運用を心掛けてください。フォロワーを増やし、信頼できるコミュニティを築くことで、安全かつ快適な出会いが期待できます。

運営方法

真っ当にSNSを運用してコミュニケーションを取る方法とは別に、裏垢界隈で繋がりを作る方法があります。

ざっくりした流れ
  1. 裏アカ女子にウケるアカウントを作る
  2. 裏アカ女子にウケる投稿を続ける
  3. 裏アカ女子のフォロワーを増やす
  4. 裏アカ女子から出会い・セックスの申し出を受ける

それなりに根気やセンスが必要になりますが、実際にこのようにセフレを作っている人はいることにはいます。上手く行けば競合も少ないので、かなり楽にセフレが作れたり、定期的に新規女子とおせっせできます。

具体的になやり方を書くと10000文字くらいになるのでここでは割愛します。(時間があったら別記事で書くかも)

どうやったら裏アカ女子にウケるのか逆算してできる人はチャレンジしてみてください。

コンタクトフォームの設置

X(旧Twitter)で女性向けのエロアカウントを運営する際、コンタクトフォームの設置は極めて重要です。このフォームは、フォロワーと安全に交流するための橋渡し役となり、直接的なメッセージ交換に伴うリスクを軽減します。設置する際には、個人情報の保護を第一に考えることが不可欠です。コミュニケーションは、このフォームを通じて行うことを推奨します。

具体的には、Googleフォームのような無料ツールの利用がお勧めです。これにより、匿名性を保ちながら、安全かつ効果的なコミュニケーションを実現できます。また、スパムや不適切なメッセージを防ぐ機能を備えたフォームを選ぶことが重要です。

フォームには、好みのプレイやエッチに関する質問、やり取りの希望方法、NG項目、好きな体位、連絡先交換(LINEやカカオトークのID)、居住地域、オフパコ経験、経験人数、写真や動画撮影の可否、容姿に関する情報(身長、胸のサイズなど)、密会希望の場所や時間、他のSNSやサイトへの掲載許可などを含めることができます。これらの質問を通じて、互いの好みや条件を明確にし、より安全で快適な出会いに繋げることが可能です。

Twitterの分析・管理ツールを利用する

Twitterでセフレ探しを効率化するには、Twitterの分析ツールを活用することが重要です。これらのツールを用いることで、フォロワーの行動傾向、投稿のリーチ、そしてエンゲージメントのパターンなど、貴重なデータを得ることができます。以下に、効果的なセフレ探しに役立ついくつかの分析ツールを紹介します。

  1. Twitterアナリティクス:
    – 公式のツールで、フォロワーの増減やツイートのパフォーマンスを詳細に追跡。
    – 投稿のリーチとエンゲージメントの分析が可能。
  2. SocialDog:
    – フォロワー管理やツイートのスケジューリングが行える。
    – どの投稿が最も反響を得たかを分析するのに便利。
  3. whotwi:
    – フォロワーの属性や興味関心を分析。
    – ターゲットとなるオーディエンスの理解に役立つ。
  4. Tweetdeck:
    – 複数のアカウントの管理や、特定のキーワードやハッシュタグの追跡に適している。
    – ニッチなコミュニティやトレンドを見つけるのに有用。

これらのツールを利用することで、より効果的にターゲットオーディエンスに合わせたコンテンツを計画し、投稿スケジュールを最適化することができます。また、どのような投稿がより多くのエンゲージメントを生むかを分析し、その成功要因を他の投稿に応用することが重要です。

Twitter「#セフレ募集」の手口

Twitterにいる「セフレ募集」「セフレ探してます」のアカウントについて

ツイッターで「#セフレ募集」をしているアカウントに騙されないように、彼らがどんなりゆうでセフレ募集アカウントを運営しているのかを簡単に説明。

広告・リスト獲得が目的

ツイッターで出会いを探していると、十中八九「悪質なサイトへの勧誘」を受けます。いわゆる、悪質出会い系などの業者、及びそれを広告することを目的としているアカウントです。

業者は、ツイッターで出会いを探している男性にリプやDMを送信、あるいはタグで発見してもらうことで接触を開始。その後、「私も使ってるから登録してみて!」などという理由で、自社サイトへと登録させます。

詐欺的なサービスを運営している人にとっては、実際に出会いにつながらないサービスに課金してくれる人がいれば儲かります。

また、このようなサービスへの登録を促し広告費を稼ぐことを目的としているアカウントも大量にあります。例えば、今ここで僕があなたを騙して悪質サービスに登録させたら、サービスの運営者から僕に報酬が支払われるということ。

著名人でも美人局やハニートラップに引っかかるように、男性はエロ系の詐欺によく引っかかるのがこの世の常です。

ツイッター以外にもエロ系のキーワードや話題に乗っかってこれらの詐欺アカウントがバラまかれています。

このようにツイッター以外の外部サービスへの誘導を目的としたアカウントが90パーセント以上だと思っておいた方が懸命でしょう。

業者に登録させられるようなサービスは、ほぼ100%悪質サイトなだけでなく、その後に個人情報の流出や架空請求がないとも限りません。

ツイッターで出会いを探すのであれば、業者を見分けられる自身がある人だけにしてください。

援デリ業者

セフレ募集アカウントに見せかけた援デリ業者も一部存在します。

基本的にはTinderなどのマッチングアプリで活動している援デリ業者ではありますが、ツイッターなどのSNSを利用することもなくはない。

他のサイトに誘導されることもなく安心していたら、LINE交換からのコミュニケーション、その後実際に合う合わないの話に進展するあたりで料金を請求されます。

信用するために「最初だけ2万円」欲しいなどの切り口で要求してきますが、実際のところは2万円払ってデリヘルを読んだのと同じになります。

非合法デリヘルは女の子の質やサービスが悪いのは当然ですが、それよりも違法風俗を運営するような反社・半グレと関わることになるので辞めておいたほうがいいと思います。

X Twitterでセフレを作る注意点

Twitterでセフレを作るのにはリスクの代表的なものをいくつか。

単純に効率が悪すぎる

#趣味でフォロー (5)

後半でTwitterでセフレを作る方法を説明しますがぶっちゃけ超絶面倒臭いです。

Twitterで初コンタクトからセックスするまで、最低でも2〜3ヶ月は時間がかかります。毎日タイムラインのチェックといいねを押すだけでも結構な労力です。

そもそもTwitterは「リアルに出会う」ことを目的に使われていないので、女の子の警戒心も強く時間がかかります。

実際、僕も反応が良かった子に「お会い出来ませんか?」とDMを送りまくったのですが、返ってきたのは20人中3人。そのうち2人は、丁重にお断りされました。

加えて、Twitterは無料で使えるのでライバルも多い。可愛い子には、腐るほどお誘いメールが送られて来ています。実際、読モをやってる友達に聞いた話ですが「今度写真取らせてください!」みたいなメールが山ほど来るそう。

全部シカトしているそうですが。

Twitterでセフレを作ることは不可能ではありませんが効率が悪すぎます。

マッチングアプリとの違い

Twitterのデメリットを考えると、やはりセフレ探しには出会い系を使うのが無難です。

出会い系は「出会うことを前提としたサービス」なので、Twitterのように無駄に何ヶ月も時間がかかりません。それに、援デリ業者を除けば出会い系で18歳未満が現れる可能性もない。

優良出会い系では年齢確認や本人確認が徹底されています。会員数が多く老舗のアプリであれば安全です。

Twitterと違い、料金はかかりますがそこまで高いものではありません。僕の場合月に3,000〜4,000円程度で十分出会えてます。

Twitterで未成年とヤって罰金100万円とか、セフレを見つけるまでTwitterに数十時間の労力(時給1000円換算で数万円分)をかけることを考えたら出会い系アプリを使う方が賢いです。

無料で探せる

ハッピーメール R18
公式:https://happymail.co.jp/
累計会員数3000万人。運営年数22年以上。プロフ閲覧無料なため気軽に日常使いができる。
詳しく

18歳未満と関係を持つ法的リスク

ツイッターのリスク未成年

18歳以下と性行為をしてしまう」危険性。

Twitterでは「年齢確認」が義務付けられていません。登録に必要なのはメールアドレスくらいです。(まぁ、出会い目的で作られたものではないので、当然と言えば当然なのですが…)

仮に出会えたとしても、相手が年齢を偽っている可能性があるということ。「20歳と言っていた子が、実は17歳のJKだった」なんてこともあり得るわけです。

18歳未満の女の子とヤるのは犯罪になる可能性もありますし、現在の日本の法律下で行うのはリスクが高すぎます。

法的に「みだらな性行為」とみなされれば「青少年保護育成条例」という法律に引っかかり、2年以下の懲役、もしくは100万円以下の罰金です。

ハメ撮りなんかしちゃった場合には「児童ポルノ禁止法」にも抵触。こちらは、1年以下の懲役、もしくは100万円以下の罰金となります。

法律・条例の詳細はこちら

アカウントの凍結リスク

最近各SNSがアダルトや違法が疑われるコンテンツに非常に厳しくなっています。

他のSNSと比べてだいぶ無法地帯のTwitterですら、誹謗中傷とかちょっとした通報から簡単にアカウントが凍結されます。

下手すれば「#セフレ募集」と1度ツイートしただけでアカウントがロックされます。

電話番号認証が強制されるようになっているので、昔のようにいくつも簡単に新規アカウントを作ることも出来ません。

貴重なアカウントを失うリスクも考慮してください。

出会い厨として晒される可能性

X(旧Twitter)を使ったセフレ探しやオフパコチャレンジには、一定のリスクが伴います。中には、プライベートなDMをスクリーンショットで撮り、公開してしまう人もいます。このため、セフレ探しの目的でXを使用する場合、メインアカウントの使用は避けた方が無難です。

しかし、反面、アクティブに活動しているメインアカウントの方が出会いを見つけやすいという現実もあります。裏アカウントを使用すると、信頼性が低下し、出会いの機会を逃す可能性が高まります。

最終的には、どれだけのリスクを背負うかは個人の判断に委ねられます。安全な出会いを求めるならば、会った後はお互いのメッセージを削除するなど、互いのプライバシーを守る対策を取ることが重要です。

他のSNSとの比較

X(旧Twitter)でのセフレ探しは、他のSNSと比較して独自の特徴と利点があります。Twitterの特徴は、匿名性の高さとリーチの広さにあります。ユーザーは匿名で活動でき、広いネットワークを通じて多様な出会いが期待できます。しかし、その匿名性ゆえに、偽アカウントや業者が多いのも事実です。

一方、FacebookやInstagramなど他のSNSでは、実名制や個人のプロフィールが公開されていることが多く、より信頼性の高いコミュニケーションが可能です。しかし、これらのプラットフォームでは、プライバシーの懸念からセフレ探しを公然と行うのは難しい面もあります。

また、専用のマッチングアプリは、セフレ探しに特化しており、より効率的で安全な出会いが期待できます。こうしたアプリでは、ユーザーの意図が明確であり、目的に合った相手を見つけやすいです。

結論として、X(旧Twitter)は多様な出会いの可能性を秘めている一方で、他のSNSやマッチングアプリと比較すると、セフレ探しにおけるリスクや効率の面で異なる側面があることを理解することが重要です。

X Twitterでセフレを作る方法まとめ

  • Twitterでセフレ探しは非効率
  • 法律的なリスク
  • 違法業者と接触するリスク
  • 人気アカでオフパコは出来るが信用を失うリスク

こういったリスクを考えれば、出会い系を使う方が「早い・安い・安全・気持ちいい」です。

ひとまずは出会い系でおせっせする相手を確保しつつ、暇な時間にTwitterでも出会いを探すくらいがちょうどいいんじゃないでしょうか。んで、Twitterでオフパコできたらラッキーくらいに思っておきましょう。

ハッピーメール R18
公式:https://happymail.co.jp/
累計会員数3000万人。運営年数22年以上。プロフ閲覧無料なため気軽に日常使いができる。
詳しく
よかったらシェアしてね!
目次