貧困女子 出会いの見つけ方|どこにいるのか?付き合うかセフレかはあなた次第

貧困女子というカテゴリでセフレや彼女の候補を探す方法もあります。

「貧困女子であれば付き合いやすい?」と考える人も多いし実際にそうです。

ただ「なぜ貧困女子はセフレにしやすいのか?」「貧困女子が口説き落としやすい理由」を理解していた方が役立つのでここで説明します。

貧困層が集まるスラム街なんて存在しない日本において、貧困女子はどこにいるのか?どこで出会えばいいのか?

貧困女子を見つけ方はいくつかありますが、現時点で最も効率良いのが出会い系マッチングアプリであると結論づけています。まずはどんな女性がいるのか見てみてください。

それでは、貧困女子の特性や生態を理解して、より確実に貧困女子のサポートがしたい殿方は読み進めてください。


貧困調査をする

ハッピーメール R18
公式:https://happymail.co.jp/
累計会員数3000万人。運営年数22年以上。プロフ閲覧無料なため気軽に日常使いができる。
詳しく
目次

貧困女子が彼女・セフレにしやすい理由

貧困女子をセフレにした体験談

実際に貧困女子をセフレにした体験談をお話しておきます。

僕が見つけた貧困女子は、当時21歳のフリーター。大学には行っておらず、確か前職はアパレルとか言ってた気がします。出会い系のプロフィールには、次のようなことが書いてありました。
「今は◯◯に住んでます!フリーターでお金が無いので派手な遊びはできませんが、一緒に映画見たりできる友達ができたら嬉しいです♪」
とりあえずメッセを送ってみると好感触だったので、しばらく連絡を取り合った後ご飯デートを提案。すぐにOKの連絡が来ました。ご飯を食べながら話を聞いていると「ヴィジュアル系バンドの追っかけをしていてお金がなくなってしまった」とのこと。
普通に生活していけるだけの稼ぎはあったようですが、その子は毎月半端じゃない額をライブにつぎ込んでいたようです。とりあえず相手の話を否定せずに聞いて、褒められるところはひたすら褒めました。
当然ご飯代は僕が全額負担。その時点でめっちゃ感謝されました。そして店を出ると「お兄さん本当いい人だよね、家来る?」とまさかの提案。もちろん行きました。そしてイキましたよね。
おそらく相手としては「お礼」のつもりでエッチしてくれたのではないでしょうか。その後はこちらから誘わなくても「今日ご飯連れてってくれない?」みたいな連絡が来るように。つまり定期的に関係を持てるセフレです。ご飯代だけで済むのでかなり助かる。
確か半年ほどしてあっちに彼氏ができたかなんかで会わなくなってしまいましたが「貧困女子はセフレにしやすい」と確信した出来事でした。

普段使っているアプリ:

貧困女子とは何か?特徴を知る

「彼を知り己を知れば百戦殆からず(孫子)」ということで、まず「貧困女子」の定義について見てみます。

所得(年収)としての貧困の定義

一般的な定義

貧困女子とは一般に「貧困」と定義される年122万円以下の所得で暮らす女性のこと。そのなかでも10〜20代女性のことを貧困女子呼ぶことが多い。

約120万の年収ということは月に10万円程度。首都圏で家借りるならどう考えても暮らせません。地方で実家暮らしならなんとかなるレベルです。

月10万円程度の収入だと通常イメージする職業や属性は学生になりますが、働いている世代でも意外と貧困層が少なくありません。

「働きたくない」とか「給料が低くても楽な仕事が良い」など、体調や性格・その他様々な都合で収入が10万円程度になっている女性が多いのも事実です。

学生でもないのに、週3日のバイトだけで生きてる人たくさんいます。

貧困女子とは平均よりも収入が少なく生活に困窮している女性のことを言います。貧乏な女子・ボンビーガールなど呼び名はなんでもいいです。

とりあえず学費や家賃・光熱費が払えず生活に困っているレベルの女子たちのことを貧困女子という認識で良いです。

所得があっても貧困の場合もある

女性をサポートしてあげたいのであれば「貧困を収入額で定義するのでなく、可処分所得や精神面での貧困を理解」した方が良いです。

日本の貧困は世界基準と違って「相対的貧困」とされます。食べるのに困るほどではないけど他人と比較して貧しさや金銭的な不便さを感じている状態。

本人の感覚として「お金に困っている」のであればマインド的には貧困です。

仮に月収が30万円あっても、なにかの都合で毎月25万円の出費があれば、自由に使えるお金がほぼないので可処分所得的に貧困です。

趣味や親族にお金とられてたり、借金の返済があったり。

実際の収入額はわかりませんが、本人がお金に困っている状態であることを理解すれば、あなたがサポートしてあげられる対象となります。

これを考慮して貧困女子を探してみると見つかりやすいです。

貧困女子を探してみる:

お金がなくて恋愛できていない

貧困女子には「恋愛・愛情に飢えている子」がとても多い。10〜20代の女の子ですから異性と恋愛したいのは当たり前です。でも貧困女子は貧乏ゆえに恋愛欲求が満たされていません

たとえ「デート代は男が払うもの」であっても恋愛にはお金が必要になります。

  • デートに行くための服を買うお金
  • 美容院に行くお金
  • ネイルをするお金
  • 男性になにかプレゼントしたい など

このような自分に投資するためのお金が無いので自然と恋愛から遠ざかってしまうわけです。男性も自分を磨いてる女の子の方がいいに決まってます。

また、普段からお金の工面に苦労している状態だと「そもそも遊び歩く機会が減るので異性との出会いもなくなるし、そもそも仕事やバイトで時間がない」かもしれない。SNSなどで同世代の女子が楽しそうにしているのを見ているのはかなりキツい。

あなたが救いの手を差し伸べられるならきっと掴んでくれるでしょう。

(普通の女の子のように楽しませてあげられるなら救世主です。)

お金で釣れる(金銭的な魅力が使える)

「お金で釣れる」と言うと言葉が悪いかもしれませんが事実なので仕方ありません。金銭的援助をしてあげれば少なからず好意を持たれます。

※男遊びに慣れてる女性だとお金を積むことが逆効果になったりすることもあります。

「金を使わないと女に相手にされない非モテ」と認定されるケース。

しかし、貧困女子には金銭的な魅力は刺さります。ご飯に連れて行く・寝床を与える・好きなものを買ってあげるなどでOKです。たとえあなたに女性を落とすテクニックがなかったとしても、多少の金さえあれば貧困女子を手懐けられます。

女性は個人の性格やタイミングによって男性に求めるもの(魅力を感じる要素)が変わります。

  • ルックスを求める
  • 体型を求める
  • 社会的ステータスを求める
  • 興奮を求める
  • 安心感を求める
  • 奴隷を求める
  • 金銭を求める

お金も男性のステータスの一つに過ぎませんし、女性がそれを求めてる以上はお金で釣るのは全く悪くありません。

つまり、「仮にルックスやコミュ力という要素で女を落とせない男性でも、貧困女子が求めてるステータス(お金)であれば提供できるよね」ということ。

これが「貧困女子なら落としやすいのでは?」と感じる理由を言語化したものです。

ガードが緩い・後先考えない性格

貧困女子は性に対してガードが緩い子が多いです。

言い方はよくありませんが、貧困になってしまう原因の多くは本人の怠惰

ほとんどは「働くのが面倒」とか「お金なくてもなんとかなる」みたいな性格が原因であることが多く、つまり色々なことに対する考え方が甘い。

もしいま現在本人が頑張って生きているとしても、そもそも貧困層に落ちるということはそういう家庭環境で育っている確率が高い。お金も含めて親・親戚からまともな教養を得られてません。

だから比較的簡単にセックスもする。

芸術や旅行を楽しめるのはお金と教養がある層の人間であって、所得が低い人ほど楽しみはセックスぐらいしかありません。

(地方・田舎ほど初体験年齢が低いやつ。)

ここまでが貧困女子がセフレにしやすいと考えられる理由でした。

貧困女子を探す:

貧困女子はどこにいる?出会い方・見つけ方

具体的に貧困女子とどこで出会えばいいのか。一般的に異性と知り合う方法や場所において、貧困女子をターゲットにする場合のメリットやデメリットなど。

ナンパ(ストナン)

お金のない人が集まりそうな場所でナンパするのも一つの手だとは思います。

貧民が集まる場所
  • 仕事がない人が集まるハローワーク
  • 貧困層の趣味であるパチ屋
  • 貧乏学生が行きそうな場所
  • 閉店前値引きお惣菜を狙う人を狙う
  • 飯乞食が集まる相席居酒屋 など

(ややグレーな商売をしていている方で、貧困層を探すためにア○ムの借り入れ機の前で張るって話も聞いたことがあります。)

ただ、これだと莫大な時間がかかるうえ効率も悪すぎます。人目も気になりまるので個人的にはおすすめしません。

アルバイト

バイトの収入で頑張っている子とか貧乏学生とか。

常連の飲食店なんかに援助したくなるような子が働いていたら声を書けてみるものアリ。

出会い喫茶・出会いカフェ

出会い喫茶の仕組みと流れ

男女のマッチングを目的とした業態。実質的にパパ活斡旋場。

男性は入会金・女の子とのトーク代・連れ出し料を店に支払う必要がある。これで1万円弱くらいかな。その上で女の子と交渉して個人的に必要分のチップやお礼を払う。「〇〇するならいくら」という形。

そういう目的で集まっている女の子が多いので、たまたま気に入った子が入店していたら話が早い。

デメリットは貧困女子の中でもダークサイド寄りの層が多いこと。普通に働いていて貧困な子、副業的に活動している子はあまりいない。

「これだけで食いつないでます」「風俗すら勤務したくない(できない)」みたいな子が個人的に客をとっている状態。

性病リスクが一番高いと思う。

出会い系・マッチングアプリ

貧困女子を効率よく探すなら出会い系一択。

現代の日本人であれば貧困層であっても最低限持っているのがスマホ。貧困女子に限りませんが、お金をかけずに暇をつぶそうと思ったらスマホになります。

偏見も含まれてますが、貧困女子はだいたいソシャゲか出会い系アプリをやってます。

女性は出会い系やマッチングアプリを無料で使えるし、男性にちやほやされるので楽しい。それで、もしうまく行けばイイ男やご飯おごってくれる男が見つかるかもしれない。

つまり貧困女子がマッチングアプリをやっていないわけがない

(アプリのメッセージで聞いたことがありますが「出会い系で食いつないでる」みたいな女の子も結構多いです。)

絶対に貧困女子がやってるのが出会い系・マッチングアプリで、かつプロフィールなどから貧困女子を絞り込んで見つけられるので、普通のナンパより効率がよくなります。

無料でプロフを探せるアプリ:

貧困女子を見つける具体例:出会い系アプリ編

出会い系にいる貧困女子の数はかなり多いので見つけるのはとても簡単です。

ただ「セフレや彼女にできる貧困女子」を見つけるのには、ちょっとテクニックがいります。

都度課金制(ポイント制)アプリを使う

マッチングアプリには都度課金と月額課金制と2種類あります。

月額課金制(ペアーズなど)のアプリはマッチングしないことにはメッセージのやり取りができず、また金銭・アダルト系の書き込みができないので、今回の目的に置いては不向きです。

都度課金アプリであれば、貧困女子を見つけ次第直接メッセージを送れるのでこちらを使って下さい。

王道アプリ

ハッピーメール R18
公式:https://happymail.co.jp/
累計会員数3000万人。運営年数22年以上。プロフ閲覧無料なため気軽に日常使いができる。
詳しく

出会い系にいる貧困女子の傾向

出会い系に登録してる貧困女子は、大きく分けて以下の3パターン。

  • 個人の援交目的
  • 純粋に助けてくれる誰かが欲しい(金銭面・精神面)
  • 恋愛に飢えていて彼氏が欲しい

「貧困です」みたいな書き込みをしてる女の子の中には援交目的の女の子がとても多いです。実際、6〜7割くらいは援交かもしれません。

(もちろん「割り切り系女子でもかまわない」という人はどうぞ楽しんでください。)

純粋に「生きるのに困ってるから、今日の晩御飯だけおごって欲しい」みたいな子は正直そこまで多くありません。

パパ活という言葉が流行ってからは「ご飯だけ」「デートだけ」を希望する子も増えたように感じますが、そういう子は表だって出会い系やマッチングアプリでパパを探すことは少ないです。

  • ご飯だけでお金とれるような図々しい女は身近な人間を利用して困窮していない
  • ご飯だけでお金とれるようなルックス&コミュ力高い子は勝手に回りの男が助けるので困窮してない

「じゃあ、出会い系で貧困女子のセフレなんて作れねぇじゃん!」と思うかもしれませんが大丈夫です。まだ他に残ってます。

お金に困ってる普通の子でかつ人に堂々とお金をせびることができない純粋な子です。

そういう女子が見つかったら、結果的に多少デート代なりを出してあげても楽しめると思いませんか。

とりあえず「割り切り」書き込みは無視

貧困女子のセフレを作ると言っても「貧乏だから個人で援交してる」っていう女の子は除外です。それじゃあ、セフレじゃなくてただのお客さんになっちゃいますからね。

貧乏なんで助けてください(T_T)ホ別1.5で!

みたいにあからさまな援交目的の書き込みはオールシカトしましょう。

セックスの対価としてお金を払うのは風俗と変わらないですし、セフレでもなんでもないです。

まともなルックスやコミュ力・社会性があるのであれば、普通はデリヘルとか風俗店で健全に働きます。

風俗で働けないような地雷を踏むリスクもあるので注意。

女性の職業から絞り込む

女性の職業から貧困女子を絞り込みましょう。

知っての通り、貧困女子は給与水準の低い職業に就いている、もしくは仕事してない女の子達です。

プロフィール検索で、給与水準が低そうな仕事名を入れて検索をかけてみてください。例えば、

  • 美容師
  • アパレル
  • フリーター
  • ニート
  • 保育士
  • 介護士
  • 学生 など

学生の中にも貧困女子は多いですが、逆にそうではない子の母数も多いです。学生の中から貧困女子を探すのは大変なのでここでは除外しておきます。

また、職業以外の「貧困女子の特徴」で絞り込むのもアリでしょう。

例えば「タバコ」。

平成26年度、厚生労働省発表の「国民健康・栄養調査」では、年収200万円未満の女性は、年収600万円以上の女性に比べて、喫煙率が約3倍も高いことがわかっています。

これはあくまで傾向ですが、実際僕の周りのフリーター女子達はみんなジャンキーです。

人はストレスが多い環境にいるほどジャンキーなものを求めるという調査結果も存在します。ホームレスの方が食事よりも酒や煙草にお金をつかってしまうケースも多いです。

ただ、職業で絞り込めばかなりの数の貧困女子がヒットします。もしその中で好みの子がいなければタバコなど職業以外の特徴で絞り込むのがいいですね。

恋愛に飢えた子にメッセージ

職業で貧困女子をピックアップしたら次はプロフをチェック。

先程も触れましたが、出会い系にいる貧困女子でセフレにできるのは、

  • 純粋に助けてくれる誰かが欲しい(金銭面・精神面)
  • 恋愛に飢えていて彼氏が欲しい

この2パターンです。

この2つのパターンに共通しているのは、プロフィールに「出会いが欲しい」というような書き込みがあること。どっちにしても、男性と出会わないことには悩みが解決しませんからね。

もし「金銭的に助けてほしい」という場合でも、プロフィールに「援助してください(T_T)」とわかりやすく書かかれていません。それは、個人援交か業者の手口です。

例えば、

「出会いがなくて登録しました!いい出会いがあれば良いなと思ってます(^^)」

みたいな普通の書き込み。こういう書き込みの貧困女子は、セフレ化できる可能性が高いです。

また、

今は都内でフリーターしてます!なかなか出会いがないので登録しました!経済的に余裕のある方と知り合えたらうれしいです♪

このように「お金が無いから余裕がある男と出会いたい」ということを匂わせてる女の子もいます。

具体的に「援助して!」はほぼ援交ですが、この程度ならセフレ化できる貧困女子の可能性もあるはず。

職業で絞り込んでプロフをチェックしたら、良さそうな子にメッセージを送ってみましょう。

貧困女子を救う:

出会ってから彼女・セフレにするまでの流れ

貧困女子とのデートの流れは、基本的に一般女性と同じ。

デートのセオリー
  1. 1軒目 食事
  2. 2軒目 密着度の高い店(カラオケやバーなど)
  3. ホテル or 自宅

普通の女性と異なる点があれるとすれば「とにかく承認してあげること」と「お金は全額払うこと」くらいです。

貧困女子は、褒められたり承認されたりすることに飢えてます。なぜなら、貧困女子は「何もかもうまくいってない」女性が多いから。

仕事の人間関係がうまくいかなかったり、そもそも仕事自体が嫌いだったり…おまけに恋愛からも遠ざかっているとくれば、もう承認欲求の塊です。なので、とにかく褒めて、認めてあげましょう。

嫌でも仕事を続けていること、きちんと家賃を払っていること、なんでも良いのでとにかく褒めましょう。

貧困女子は、これで7割セフレ確定です。あとの3割は、お金ですね。

ご飯代を出してあげれば、もうこっちのもの。ほぼ100%ホテルに連れ込めるはずです。そして、セフレにできます。

経験からして、お金を出してひたすら褒めれば、ワンナイトで終わることはありません。貧困女子の欲しいものを、全て与えられているわけですからね。

貧困女子の見つけ方・出会い方まとめ

貧困女子がセフレにしやすい理由、出会い系で貧困女子と出会う方法などについてまとめました。

貧困女子を出会い系で見つける流れは、

  1. 割り切りの書き込みは無視
  2. 職業や特徴から貧困女子を絞り込む
  3. その中で愛情・恋愛に飢えた子にメッセする

です。くれぐれも、セックスに対してお金は払わないようにしましょう。

そして、セフレ候補の貧困女子と会えることになったら、

  • 褒めるところはひたすら褒める
  • お金は全額負担

この2項目はマストです。経験を踏まえると、これさえしていれほぼOK。セフレゲットできますよ。

難易度も低いですし、とりあえずセフレが欲しい男性には貧困女子がおすすめ。

貧困調査を開始する
ハッピーメール R18
公式:https://happymail.co.jp/
累計会員数3000万人。運営年数22年以上。プロフ閲覧無料なため気軽に日常使いができる。
詳しく
よかったらシェアしてね!
目次