【逆援交】男の援助交際は実在する|お金をもらってセックスする方法を説明

ママ活姉活逆援交は実在する

オッサンと若い女の子がお金で割り切りの関係を持つ援助交際は昔から当然のように行われています。

そこで逆に「女性とセックスしてお金もらえたら最高じゃん」と考えたことがある男性は多いはず。

逆縁・逆円・ママ活という表現もありますが、ここでは「逆援交」という言葉を使います。

とは言っても、そんな美味い話は有るわけがないと思っている人がほとんどでしょう。実際に、周りで逆援交をしているという話も聞かないでしょうし。

結論から言うと逆援交は十分あり得ますし、実際に世の中に存在します

「逆援交が存在すると言える理由」「どうやったら逆援交が出来るのか」をなるべく論理的に説明します。

具体的なやり方はいろいろありますが実行可能な戦略を考えると、最終的にはアプリを使って目的にあった人を探すのが一番うまくいく可能性が高くて効率的です。

ワンチャンセックスしてお金が欲しい人は読み進めてみてください。

ママ活特化マッチングサイト

Desire【男性入口】 R18
公式:https://www.man-desire777.com/
年上女性と年下男性の特別な出会いのためのママ活・姉活に特化したサイト。 レンタル彼氏・マッサージ等を選んで登録。
※プロフィール写真・身分証明書をご用意ください 詳しく
目次

女性が男性にお金を払う実例

一般的には、セックスに限らず食事やデート代は男性持ちという風習がまだまだ強いです。いくらセックスしたくてもさすがに女性が男性に金を払うのか?という疑問に対しての回答となります。

女性が男性に何かしらの対価としてお金を払うケースで有名なものがあります。

女性が男性にお金を払う例
  • ホストクラブ
  • ヒモ
  • 男性アイドル・タレント

最近では、広義においてあらゆる活動を「推し活」と呼ぶことができるかもしれません。

それぞれ、なぜお金を払っているのかを考えてみます。

ホストクラブ

ホストへの支払いと対価

ホストは主にメンタル的(精神的)なサービス

  • 話を聞いてくれる
  • 一緒に飲んでくれる
  • 褒めておだててくれる など

あとは、ホストを自分の力で育てる(売れさせる)という承認欲求。

普通の彼氏と違って「金銭が絡む間柄だからこそ楽しい」という考え方もあります。

精神的な満足感や欲求を満たすために5万とか10万とか払う人が普通にいます。それも、男に相手にされないババァだからでなく普通に20代のかわいい女の子がです。

キャバ嬢や風俗嬢がよく沼にハマっていますが、一般女性もホストが好きです。ハマれるほど金を使えるの客はキャバ嬢や風俗嬢が多くなるというバイアス。

ホストクラブでのシャンパン代を払うために風俗に落ちて体を売るような人間です。女性って不思議な生き物ですよね。

男は風俗行くために借金したり、肝臓売ったりする人はいない。

ヒモ

ヒモ男への支払いと対価

ヒモにお金を使うのも承認欲求が理由の大半を占めます。

  • 自分のお陰でこいつは生きてられる
  • 自分の存在が必要だ

という自己肯定の欲求です。

そして、ある程度お金を使ってしまったら自分を肯定し続けるために辞められなくなってしまう。

外野から見ると完全にアホな行為なのは明らかなのですが、それを認めると今までの自分を否定することになるので受け入れられないのが人間の心理。「周りはヒモ男はクズだと言うけれど、この人だけは違う!」みたいな。

とまあぁこんな感じで、精神的な拠り所のためだけに男に金を払う女性はたくさんいるわけです。これが体の関係に対して行われればいわゆる逆援交です。

男性アイドル・タレント・推し

推しへの支払いと対価

推しのアイドルやタレントに重課金する女性がたくさんいることは周知の事実。

直接お金を渡しているわけではありませんが、ライブ配信でのアイテム購入だったり、グッズ購入だったりで間接的に金を投げています。

承認欲求のために男に金を払う女性がたくさんいるんだから、男に抱かれるためにお金を払う女性なんていくらでもいそうな気になりませんか?

姉・ママを探Desire(男性入口)[R18]

逆援交が実在すると言える理由

逆援交が存在すると言える理由

一応「逆援交ってこういう理由で存在する」という話をします。

普通に「逆援交はある」と思えている人は読み飛ばして「逆援交の方法」に進んでください。

人の欲望・願望は多種多様

まず「そもそもお金を払って男に抱かれたい女が本当にいるのか?」という視点。

人の欲望は本当に十人十色。世の中には色んな人がいます。その人の性格や趣味・嗜好もそうですし、環境やタイミングによっても様々な欲望が出てきます。

欲望は表に出てこないだけで「実はあんなことやこんなことしたい」と思っている人は一定数存在します。

性癖なんてそりゃ人に言えないだけでヤバイのがいくらでもあります。

変わった性癖の例
  • 全身タイツじゃないと興奮しない
  • 目玉舐めたい
  • 性器にピアスが気持ちいい など

こんなヤバいのがたくさんいるのが人間という種族です。

外でヤる青姦とか露出などの性癖は全然かわいいレベルです。

逆援交を望む程度の女性がいないわけがないですよね。

女性にも性欲はある

女だってヤりたい

男性のそれとは少し性質が違いますが、女性にも確実に性欲があります。言い方を変えると「性欲が高まる時がある」という感じでしょうか。

男の場合は精子が溜まっていて体が疲れてなければ常に性欲がありますが、女性の場合は気分とか色々ですね。

女性は性欲があっても声に出して言いづらいだけであって、内心は「誰でもいいからやりて~」と思ってることもあるはずです。

実際に六本木の倶楽部の女の子(24歳くらい)が酔っ払って言ってたのを聞いたこともあります。

アンケートで「オナニーしてる」と白状する子は1割ほどですが、実際は8〜9割はしてるのが女性。女性の言葉と行動は一致しないのが基本です。

性欲が強くない振りをしているだけで中身はエロエロなのが女です。

女性向け性的サービスが存在しない

女性用の風俗はない

女性に性欲があるとしてそれをどうやって解消するのか?

残念ながら、男性のようにオッパブ・性風俗みたいな性的なサービスが女性にはありません。女性向けのサービスやお店が無い理由は簡単で「女性向け性風俗はビジネスとして成り立たないから」です。

何故ビジネスとして成り立たないのか?

それは単純に利用者数が少ないからです。女性は性欲があるはずなのに、どうして性的なサービスを利用する人が少ないのか。

女性向け性風俗がない理由
  • 女性は性サービスを利用しにくい
  • セックスの相手を見つけるコストが低い(簡単にセックスできる)

女性は表立って「性欲あります」「セックスしたいです」とは言いにくい立場。ですので、仮に女性向け風俗店があったとしても行かないし行けません。知り合いに見られでもしたらヤバい。

そして、男性と比較すると、女性は風俗に行かなくてもセックスの相手に困らないのが事実。適当にクラブやBARにでも行けば、勝手に男から声をかけてくれて、飲み代をおごってもらって、ホテルについていって、ホテル代も男持ちで全部無料でセックス完了です。

相手を選ばなければ簡単にセックスできるのが女性です。

これらの理由から、「女性がわざわざ高いお金を払って風俗に行く」という需要は非常に少なく、世の中には女性の性欲を解消するためのサービスが事業として成り立ちません。

ごく一部女性向け性サービスは存在しますが、一般化するほど広まることは絶対にありません。

お店・サービスが無い女性は個人取引しかない

お金さえ払えば簡単に性的な相手をしてくれる便利なサービスが風俗ですが、その風俗が無い女性はどう性欲処理をするのでしょうか?

答えは「個人間でやり取りするしかない」となります。

男女間の取引にお店などが仲介に入るサービスが風俗です。

では、男女が直接取り引きを行うのは?

援助交際ですね。

風俗と援交の違いは店が仲介するか個人間のやり取りか
  • 風俗:男性⇔お店が仲介⇔女性
  • 援交:男性⇔直接取引き⇔女性

男性がセックスの相手を探したいときは「風俗(仲介)」と「援交(直取引)」の2択があります。

しかし、女性が男性を探したい場合は「援交(直取引)」しか選択肢がありません

ここまでが逆援交が世の中に存在すると言える理由です

LINEの連絡先もつながっていない相手にです。

女性は自分が精神的に気持ちよくなるためにお金をぶん投げる生き物です。

逆援交のママ・姉との出会い方

実際に逆援交をやるとしたらどのような戦略で攻めるべきか作戦会議です。

知り合いに逆援交を交渉できる相手がいる人はその人にしたらいいと思いますが、ここではそういう相手がいないのを前提に進めます。

出会い系マッチングアプリで探す

第一候補は出会い系アプリです。男が女性を探すのは出会い系なので逆も同じ。

通常の恋愛・婚活ではない、特殊な要望がある場合は「都度課金制(ポイント制)アプリ」を利用します。

あらゆる要望に対応しているため、お金の関係だったり特殊性癖など人に言いづらい欲求は都度課金性の出会い系アプリに集まります。

例えば、会員数の多いアプリを使うと希望の相手が見つかる可能性が高まります。

ハッピーメール R18
公式:https://happymail.co.jp/
累計会員数3000万人。運営年数22年以上。プロフ閲覧無料なため気軽に日常使いができる。
詳しく

※Pairs・Withなどの月額課金制(定額制)アプリはお金・アダルトな投稿が禁止されているのでママ活目的には利用できません

ママ活・姉活専門サイト

ママ活に特化したアプリやサービスがいくつかありますが、ニッチな市場なため会員数が集まらず、閉鎖したり今現在ちゃんと運営されているのかどうか怪しいものが多いです。

現時点でママ活・姉活動に特化して運営が続いているのは「Desire」というサイトです。覗いてみてください。

ママ活特化マッチングサイト

Desire【男性入口】 R18
公式:https://www.man-desire777.com/
年上女性と年下男性の特別な出会いのためのママ活・姉活に特化したサイト。 レンタル彼氏・マッサージ等を選んで登録。
※プロフィール写真・身分証明書をご用意ください 詳しく
Desire【女性入口】
公式:https://www.woman-desire777.com/ [R18]
Desireは年上女性と年下男性の特別な出会いのためのママ活・姉活に特化したサイト。 レンタル彼氏・マッサージ・レズビアンの3つからサービスを選べる。

レンタル彼氏に登録する

女性が男性の時間を買うための仲介サービスです。

呼び名や定義はあいまいですが、食事やデートの範囲で収まるのがレンタル彼氏で、もう少しサービスレベルが高いものが出張ホストという認識で良いでしょう。

直接相手を探すことが難しい場合はレンタル彼氏サービスに登録するのも手です。

ただ、どこまでOKなのか・どこまで黙認されるかはサービスや利用者個人によって異なると思われます。

それほど規模の大きくない業界なので、サービスの停止・変更、入れ替わり等がいつあるかわかりません。都度調べて使えそうなところを見極めてください。

一般的な出会いからママ化する

オフラインの場で出会った人がママ化・姉化する可能性もあります。一般的な、ナンパや飲みの場、趣味などで知り合う方法です。

基本的には会った人が”たまたま”ママ化するだけなので、自分で工夫できるとすれば2つ。

  • ママ素質の高い女性を狙って出会いを増やす
  • ママ化するように教育する

これは普段ナンパで女性との出会いを作れる人が、更に自分の好みのターゲットに絞って活動することになります。

ナンパ習慣がない人がいきなりママを狙って出会うのは難易度が高いので非現実的。ここでは割愛します。

逆援交のママ・姉候補の見極め

逆援交のママ要素が高い人を探す

結果的に逆援交をしている女性であっても、おおやけに「逆円募集します」とは言いません。また、端から見たら逆援交ですが、本人は逆縁という認識ではない場合も多い。

女性も自尊心がありますので「お金を払ってまで男に相手をしてもらっている」とは思いたくありません。本人としては、遊び代とか食事代とかをたまたま女性側が奢って、セックスもして、そして「タクシー代」や「お小遣い」みたいな形でいくらか渡す。

これを他人が外野からみると逆援交です。

女性は男性と違って肉体的な刺激だけで足りず、精神的に満たされなければ満足できない生き物。

セックスをお金で買っていることを認識・自覚するのは嫌がります。

「あくまでも普通にセックスする関係。そして、セックスは関係なくお小遣い的な名目でお金の譲渡がある。」という形。

ホストを見ればわかると思いますが、お気に入りの男を応援したいけど、直接お金を渡すことは基本的にありません。

「あくまでも、仲がいい男女の関係。応援してあげたいからお店に行って、遊び代・飲み代としてお金を使っているだけ。お金で相手をしてもらっているわけではない。」というに建前になってますよね。

だから、逆縁目的の女性を探すのでなく「結果的に逆援交になる可能性のある相手を探す」のが最適。

どんな女性が逆援交に手を染めるか

BBAとかブスとかお金持ちとかを考えるかもしれませんが、ちょっと違います。

根本的なところを言うと「精神的な支えを必要としている人」で「依存度が高いタイプの人」です。

BBAとかブスも、見た目に難点があるせいで何かしら生きてて辛い部分がある。だから「心の拠り所になってくれる人がいたらそこに頼ってしまう」ということ。

そのため、普通にカワイイ女の子でも「精神的に拠り所が必要な人」であれば可能性はあります。

若くて容姿が良いはずのキャバ嬢がみんな犬を飼ってる理由です。無償の愛をくれるのはコイツしかいないみたいな。

ここを見極めてください。

何かしら心に穴が空いていて、その隙間を埋める存在になれば取りあえずはOK。

で、その人が依存度が高ければ「多少お金を援助してでも離れてほしくない」となります。

でもやはり男性にモテない層の割合が多い

「逆援交をするのは精神的に支えが必要な人であって、ブスだからそうなるわけではない」と書きましたが、結果的にはやはり「あまり抱きたいとは思えないような女性」に行き着く可能性が高いでしょう。

どんな男が風俗に行くかで考えるとわかるかと思います。彼女や嫁がいる若くてイケメンな男も風俗に行きますが、やはりセックスの相手がいない男性の方が利用率は多いですよね。

参考になりそうな体験談を見つけたのでご覧ください。

■ババアに体売った話

石田衣良の娼年読んで、俺も若さだけはあるし行けるんじゃないかってことで、大手出会い系サイト(たぶん1番有名なやつ?)でババアっぽいババア30人に人肌恋しいですって送って実際3人に会ってモニョモニョしてお小遣い貰いました
もちろんみんなやるときはゴムつけたよ
1人目 50歳くらい セックスした 強烈だった 1万もらった よく出会い系で男を買うらしい、男を買うのはギャンブルみたいなもんらしい
2人目 30歳くらい 仕事帰りのOL セックスしなかった 本当に体売る人がいるのか見たかったらしい ドトールで話して終わった 会社のロゴが入ったQUOカードくれた
3人目 50歳くらい トロールみたいな見た目してた セックスした 喘ぎ声がかわいい
3万くれてこれからも定期でよろしくってなった 同じくらいの年齢の息子がいるらしい
ババアに体売るだけで万単位で貰えるし、女が風俗やる理由もわかるな、万単位でお金もらえるなら見た目やばい人にも耐えられる
大学卒業するまで売春してみよっと

引用:https://anond.hatelabo.jp/

こんな感じで「割り切ってお金でセックスの売り買いをする」となると、やはりそれなりの相手になります。仕事と割り切ってやるしかない。

もし、「自分もいい思いをしてかつお金も欲しい」と思うのであれば、ホストやヒモの例に書いたように相手の精神的な支えとなれるよう努力は必要です。見た目を我慢して抱くか、ホストに徹する努力をするかです。

いずれにせよ、体験談にある通り相手を見つけるには出会い系が手っ取り早そうです。

体験談の中で、援交相手を見つけるのに使ってるサイトはPCMAX [R18]のどちらかでしょう。

女性からお金をもらうコツ・ポイント

最低限の見た目は整える

特別イケメンでなくても大丈夫ですが、自分なりに出来る限り見た目には気を使って下さい。最も重要なのは、清潔感です。

風呂入ってればOKとかそういうことではなく、服装・髪型・肌など総合的に見た清潔感です。わざわざ汚い男・クサイ男に抱かれたい女性はいません。

仮に汚い男を求める女性がいたとしても、夜の中は汚い男が大量にいて、それを求める女性はかなり少数はなので、需要と供給のバランスからわざわざお金を払う必要がありません。

メンタルケアがメインの仕事

体の関係があっても精神的な関係性の方が大事です。

セックスも物理的気持ちいいからするのではなく、男に抱かれてるのが嬉しいみたいな感情の方が重要。

精神的に満たされるために、その過程の一部としてセックスもしたいというのが女性です。

男女の感情は逆

【男】とりあえずセックスしたい
→出来れば精神的にも満たされたい

【女】精神的に満たされたい
→そのためにセックスが必要な時もある

よくイメージがわかないという人は、女性向けAVとか見てみたらいいと思います。

もちろん「セックスさえ出来ればいい」という女性も中にはいますが、その場合でも精神的に満足させられた方が何かとお得。

逆円を長期で続けられたり、支払い額の単価を上げたりというメリットがあるので、メンタルのケアを出来るように目指した方が良いです。

最初はデート代を払ってもらうくらいから

逆援交のママをゲットするパターン2つ
  • 最初からお金を払う気がある人を見つける
  • お金を出してくれるように教育する

最初からお金を払うような人が見つかるかはもう運です。数が少ないので。

出会い系の掲示板に書き込んだり、直接メールを送って見つかればラッキーです。数十通くらい送れば1〜2人は見つかると思います。相手を選ばなければですが。

それ以外でお金を貰おうとしたら、少しづつ教育するしかないんですよね。いきなり「セックスするから金くれ」で通る女性なんてまぁいないです。

ですので、はじめは「デートしたい(会いたい)けどお金ないんだよね」というように言って、相手から「私がデート代出すから遊ぼうよ」と言ってもらえるのが目標です。

そこから徐々に、別枠のお金を貰えるように教育と関係性を深めていきましょう。

(男は)若いほうがいい

個人で趣味嗜好はことなりますが、やはり一般的には若い男の方が支援してもらいやすい。

  • ママ:それなりにお金に余裕のある30代40代以上の女性
  • ヒモ:男子大学生

たまにおっさんでも女性にかわいがってもらえる人がいますが、それはもうそういうキャラとか才能です。

逆援交 FAQ

アプリで逆援交を募集してる女性がいるけど?

アプリ内の掲示板やプロフィールで「逆援交」を募集する女性はいない。お金ありますアピールは嘘なので騙されないこと。お金アピールはほぼ援デリ業者で、いわゆる違法な裏デリヘル。
マッチしたあと「信用するために、初回だけ2万円預かりたい」と語り、会ってお金を払ってしまったら音信不通になる。つまり結局はデリヘルと同じで、一回料金を払って会えるだけ。
サイト内でお金の話を進めるアカウントは、援デリ業者か援交希望の女の子だけ。恋愛目的の子や逆援交希望の人、つまり「男性からお金をとる気がない人」はわざわざお金の話は出さない。
「お金あげます」「タダでいいです」と言ってきたら援デリなので、最低限ここは見極めよう。
参考:サクラがいないマッチングアプリの選び方と業者や援デリの見分け方

逆援交掲示板は使える?

「逆援交掲示板!」みたいなのを使おうと考える人がいますが辞めましょう。どう考えても詐欺サイトなので。そんなに都合よく逆援交希望の男女が出会える場所があるわけがありません。
掲示板の中身は逆援交が簡単に出来ると思っている情弱オジサンと、女性は全部システムかBOTかサクラかキャッシュバッカーです。普通に利用している女性はサイト内には一人もいない出会えない系というやつです。
アホから金を巻き上げるためだけのサイトなので、ここを読んでいるあなたは使うのは辞めてください。普通の優良な出会い系アプリ・サイトを利用してください。

セレブ妻から逆援助されたい

漫画の世界だとこういうイメージなので気持ちはわかります。が、実際にセレブ妻が男を欲していたとして、その対象となるのは男性俳優や男性アイドルになります。私達一般人にチャンスが回ってくる可能性は低いでしょう。

逆援交の相場は?

一般的な援交と比べて市場規模が非常に小さいため相場は存在しません。また、援交のように「性処理をすればいい」という単純な話ではないので金額を決めるのも難しい。都度、相手の女性との相談・交渉になるかと。

男が体売るのは難しい?

男性に売るのは簡単です。相手が女性じゃなくても良いなら、買ってくれる男性を探した方が簡単に稼げます。
アプリの検索条件で「男性×同性愛」で絞り込むと探せます。→

男が援助交際をする方法まとめ

ヒモとしての天性の才能がある人でなければ、そんなうまい話はありません。

仕事感覚で頑張るか、美味しい思いをしたければそれなりの努力や工夫が必要。

でも、やっぱりセックスしてお金もらってみたいですよね。逆売春。

何か、男として一皮むけそうな気がします。

さっそく逆円できそうな人を探索してみてください。

大手サイトから探す
ハッピーメール R18
公式:https://happymail.co.jp/
累計会員数3000万人。運営年数22年以上。プロフ閲覧無料なため気軽に日常使いができる。
詳しく
専用サイトで探す
Desire【男性入口】 R18
公式:https://www.man-desire777.com/
年上女性と年下男性の特別な出会いのためのママ活・姉活に特化したサイト。 レンタル彼氏・マッサージ等を選んで登録。
※プロフィール写真・身分証明書をご用意ください 詳しく

【女性向け】ママ活・姉活相手のやり方・探し方

ママ活・姉活はできるのか

ママ活・姉活はどうやればいいのか?

その答えは簡単で、世の中の男性達が女性を口説くために日々頑張っている行為をそのまま男女逆転させればいいだけです。仲良くしたい異性に頑張って声をかけて連絡先を交換し、デートや男女関係に誘うために、食事代やプレゼントなどのお金で釣ろうとする行為です。

お金で釣ると言うとちょっと抵抗あるかもしれませんが、それでも世の中の多くの男性よりは難易度が低いです。パパ活の場合は、一人の女性に対して複数人の男性から同時にアプローチを受けるのが通常であるため、男性からすると「お金を使ったところで何もリターンがない」ことが多々あります。エサだけ食われて釣れない、他の男に釣られるってこと。

これに対して、ママ活・姉活は楽勝です。男性の立場からすると、お金を使ってアプローチしてくる女性なんてほぼいません。つまり、ライバルがいない状態で釣りができるってことです。もちろん、タレントや超絶イケメンなんかは除きますが、一般男性は基本的に女性からお金を差し出されることは皆無です。

つまり、やろうと思えばかなりの勝率でママ活・姉活を成功されられると思っています。

一部、「金は男が出すべきだ」というプライドを持った男性もいますが、この場合は食事代などは出してもらい相手の威厳を保ちつつ、別でプレゼントを渡すなりすればいいので、やりようはいくらでもあります。

最初の話をもう一度言いますが、世の中の男性は女性を口説くために食事代やらプレゼント代やらを払って頑張っていますよね。あなたも男性にデート代を払ってもらったことはあるのではないでしょうか。

これを逆にすれば立派なママ活・姉活です。

相手探し

相手の探し方は大きく3つ。

  • ナンパ・声がけ
  • マッチングアプリ
  • レンタル彼氏系サービス

ナンパ・声がけ

BARにでも飲みに行って、一杯おごるので一緒に飲みましょう・少し話しましょうといえば完了です。男性が女性に声をかける場合と違って警戒もされませんので、楽勝だとおもいます。ママ活ではありませんが、僕も女性から声をかけられたことをきっかけに後日セフレになった経験はあります。

マッチングアプリ

月額課金制のマッチングアプリ(ペアーズなど)はパパ活・ママ活のような利用方法を禁止しているので使えません。

都度課金制(ポイント制)アプリは利用目的は自由なので、法律の範囲内であれば自由に使えます。それなりに会員数の大きいアプリで募集をかければ、相手が見つからないということはないでしょう。

ハッピーメール R18
公式:https://happymail.co.jp/
累計会員数3000万人。運営年数22年以上。プロフ閲覧無料なため気軽に日常使いができる。
詳しく

ママ活・姉活を専門にしているマッチングアプリは非常に限られており、僕が今知る限りではDesireくらいです。

ママ活・姉活専門サイト
Desire【女性入口】
公式:https://www.woman-desire777.com/ [R18]
Desireは年上女性と年下男性の特別な出会いのためのママ活・姉活に特化したサイト。 レンタル彼氏・マッサージ・レズビアンの3つからサービスを選べる。

レンタル彼氏サービス

利用料金がかかる分、相手探しの手間が省けます。

しかし、あくまでも第三者が仲介したデートとなるため、個人的な付き合いにはかなり制限がかかります。

食事や買い物のデートくらいで満足できる人は使ってみても良いでしょう。

よかったらシェアしてね!
目次