エロくて面白い漫画15選|エッチなシーンがあるだけのマンガは読まない

エロ面白い優秀なマンガ

いわゆるエッチな需要に向けた「ただのエロ漫画」ではなく、マンガ作品としてしっかり面白くてかつエッチなシーンや描写も含まれる作品を紹介。

僕は漫画が好きで色々見るようにはしていますが、いくらエッッッな漫画でもストーリーや漫画作品として面白くないものは見ません

ちゃんと読み続けられるレベルの面白い漫画の中から、エロい描写”も”含まれる優秀な作品をまとめます。

個人的に読んでいるものだけを並べますので、もしコレ以外にも「面白さ×エロさ」を兼ね備えた作品があればぜひ教えて欲しいです。

目次

エロくて面白い漫画

※順不同で紹介

ベルセルク

著:三浦建太郎
¥638 (2023/09/25 14:26時点 | Amazon調べ)

面白さ概要

『ベルセルク』(BERSERK)は三浦建太郎氏による漫画。

中世ヨーロッパを下地にした「剣と魔法の世界」を舞台に、剣士ガッツの復讐の旅を描いたダーク・ファンタジー。

1989年から連載が始まり20年以上連載が続いている。そんな中、作者三浦氏が2021年に急逝してしまう。源氏は森恒二氏監修の元、完結に向けて連載が再開されている。

名作として語られるだけあってストーリーは文句なしに面白い。それだけでなく、三浦の画力の高さ・漫画の尋常じゃない書き込み方も評価されている。

エロさ解説

主に戦場が舞台となるため、敵から陵辱されるシーンは当然でてくる。

しかし、それだけでなくこの作品は人外との戦いも描かれる。当然、モンスター的な存在は人間に襲いかかるのだが、なんとモンスターは人間の女を殺す前に犯そうとするなど、まるで、敵兵士のような振る舞いをする。

圧倒的な画力により描かれるエッッッは素晴らしいが、逆にその画力とストーリーの素晴らしさのせいで、エロではなくアートとして見てしまう可能性はある。

アプリ配信でもなぜかベルセルクはエッッッのボカシ補正がされておらず、そのまま掲載されている。つまりアートなのかもしれない。

こういうのがいい

面白さ概要

主人公はITフリーランスの男と飲食店アルバイトの女。お互いに面倒な恋人から解放された二人は、ネトゲのオフ会で意気投合し付き合いが始まる。

彼氏彼女の関係ではないが、ただのセフレでもない。互いに気を使わずに、デートやエッチを楽しむ、フリフレ(フリーダムフレンド)としての日常が描かれる。

エロさ解説

エロWEB漫画がベースなので、当然おせっせシーンがたくさん出てくる。

しかし、この作品においてはいわゆる「エロいシーン入れとけばいいんでしょ?」という、ご都合主義だけのエロ漫画ではない。

登場人物の人間関係や生き方を描きつつ、フリフレという関係性の提案にもなっている。きっとあなたも「こういうのがいい」と感じるだろう。

ヤンジャンアプリで掲載されているがボカシが入りまくりなので、単行本かWEB版(となりのヤングジャンプ)で見るのがおすすめ。

少年のアビス

面白さ概要

『少年のアビス』は、峰浪りょう氏による漫画。2022年7月時点で累計発行部数は100万部を突破。

地方の町でのドロドロした人間関係をかいており、恋愛のもつれだの自殺だのなんだのが出てくる作品。

田舎出身の人が見ると「あーわかる」となる。登場人物が全体敵にヤバい。

エロい解説

ドラマ版少年のアビスにて未成年を起用したベッドシーンでフェミニスト界隈が炎上させようと奮闘していた。

ちなみに、主人公が男子高校生で相手は女教師という、男子なら一度は妄想したことがあるカップリング。もちろん、主人公は他の登場人物ともおせっせする。

エロシーンはそれほど多くないが、濃い人間関係を描いている中での情事なので、メンタル的なエロさがある。

クソフェミに敵判定を頂いた作品なのでぜひ読みたい。

GANTZ

面白さ概要

奥浩哉による漫画。死んだはずの人間が集められて、星人とよばれる人外と戦うことを強要されるデスゲームもの。

非常に人気の高い作品で、アニメ化実写化もされている。

様々なタイプの魅力的な女性が出てくる。

エロい解説

エロがメインの作品ではないが、GANTZスーツに着替えるときは一度全裸になるし、女形の敵はおっぱいが出ている。たまにセックスシーンがある。

ストーリー冒頭で「浴室で自殺を試みた女性」が全裸で転送されてくるシーンがあり、実写版で夏菜(女優)が演じることになり当時は話題になっていた。このシーンだけでも見ておきたい。

嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい

面白さ概要

世界有数の財閥一家に属する一声(男子高校生)が主人公。一声は、超金持ちで、頭脳明晰の天才で、スポーツ万能な超人である。

そんな一声が「おパンツを見たい」欲求を満たすために、様々な女性との交渉に奮闘するストーリー。

2019年に連載していたが、12月更新の21話を最後に連載が停止している。なんとか再開してほしい。

エロい解説

主人公が特定の能力や条件を握っていて、不可抗力のエロやラッキースケベが発生する設定の漫画はたくさんある。

しかし、『嫌パン』においてはそんなご都合主義のつまらないストーリーではない。

  1. 一声がおパンツを見たい女性を発見し欲求が発動する
  2. 正直ストレートに「おパンツが見たい」と伝える
  3. 女性に引かれる
  4. 女性は冗談として捉え、適当な交換条件を提示
  5. おパンツを見るために金も使うしときには命をかけて女性の交換条件を達成する
  6. 一声の行動に胸を打たれた女性は、一声に好意を抱き「彼氏彼女の関係やおせっせする関係になってもいいかな」とまで思う
  7. 女性「付き合ってもいいよ or 抱かれてもいいよ」
  8. 一声「じゃあおパンツを見せてくれ」
  9. 女性「え?(私のこと好きなんじゃないの?)」
  10. 一声「最初からおパンツが見たいと言ってるだろう」
  11. 女性 「(幻滅)サイテーのクズやろう……いいわよ(怒)」
  12. (嫌な顔しながらパンツを見せる)
  13. 一声「ふぉおおお!」

このワンアイデア(一連のパターン)がいろんな女性と繰り広げられる。

心理描写の変化も描き、最終的に「嫌な顔をしてパンツを見せる」までの理由づけがきちんと作られており、ちゃんと漫画として成立しているので面白い。

あと、当然ながらおパンツの画力や構図も素晴らしい。

アニメもされているが、原作無視&ストーリー無しのただパンツ見せるだけのクソつまらない作品に成り下がってるので見ない方がいい。

魔都精兵のスレイブ

著:タカヒロ, 著:竹村洋平
¥502 (2023/09/25 14:28時点 | Amazon調べ)

面白さ概要

原作:タカヒロ、作画:竹村洋平 による漫画。

女性の能力が強化されたことで、男女平等から女尊男卑に変化した世界。偉い人から前線で戦う部隊もほぼ女性が占めている。

女性だけで構成された世界に迷い込んだ主人公の和倉優希(男子学生)は、なんやかんやあって唯一の男として女性に使われる立場で共闘することになる。

ハーレムバトルもの。

エロい解説

能力バトル系漫画だがエッッッなシーンが盛りだくさん。

エロシーンが多いが「エロ漫画」ではなく「能力バトル漫画」。

しかし、能力バトル漫画にエッッッなシーンを添加しているのでなく、最初からエッッッなシーンを描くために設計された能力バトル漫画。

なので、1〜2話に1度の頻度でエッッッシーンが出てくるが、エロい絵を描くための理由が最初から設定として存在するので、無理やりエロを入れ込んでるわけではない。必要エロである。

おせっせシーンはないがかわいい女の子のイチャコラ系エロは存分に楽しめる。

アプリだとボカシが入るのでWEB版ジャンプ+がおすすめ。

うしろの正面カムイさん

著:コノシロしんこ, その他:えろき
¥693 (2023/09/25 14:29時点 | Amazon調べ)

面白さ概要

原作:えろき・作画:コノシロしんこによる漫画。

強大な霊力を持つ霊能力者カムイが、霊感を持つが除霊の力を持たない女子高生の助手シヅカと共に、除霊していく話し。

怪異や霊とおせっせして昇天(成仏)させる除霊方法をとる。

性行為による除霊というコンセプトの漫画は複数あるが、カムイさんはただエロいだけでなくストーリーもキャラも作り込まれていて漫画としてしっかり面白い。

エロい解説

基本は新たな怪異・霊が現れるたびにカムイが一物を使って除霊するので、おせっせシーンが頻繁にある。

しかし、ただおせっせシーンを描くだけでなく、

  • シュールな除霊方法を行うことによって生まれる「普通の感覚の人間」とのギャップで生まれるギャク要素
  • おせっせで除霊することはわかってるのに、なぜか唐突に始まる本格的なバトルシーン
  • 世間的にも有名な怪異・霊が登場するが、カムイとおせっせしなければならないので「次はこの妖怪をどう可愛く女体化するんだ?」という期待に答えるキャラデザ

ありきたりなテーマにも関わらず、他と差別化できるレベルまで漫画としてのクオリティを作り込んでいる。ちゃんと漫画として楽しみつつエロも堪能できる。

マルセイ!!

面白さ概要

一応、警察モノ。操作3.5課(性犯罪特別対策チーム/通称マルセイ)が舞台。

色んなタイプの魅力を持ち、かつ戦闘能力にも長ける女性警官が集められ、性犯罪の囮となったり性犯罪組織と戦う。

つまり、「いろんな性癖を持つ性犯罪者」vs「エロくてかわいい女警官」。

エロだけでなく、バトル漫画・ギャク漫画としても楽しめる。

エロい解説

この作品の凄さは性癖の豊富さ。

敵は様々な性癖を持ち合わせており、どんな性癖にも対応できるよう警察側の女性のジャンルも様々。

たぶん、連載が続けば「可能な限りこの世の全ての性癖」を網羅しようとしてるんじゃないかと思わせられる作品。

是非、あなたの性癖にヒットする話が出てくることを期待して読んで欲しい。

ギフト±

著:ナガテユカ
¥584 (2023/09/25 14:29時点 | Amazon調べ)

面白さ概要

ナガテユカ氏による漫画。

臓器移植を行う組織で、臓器摘出の執刀をするのが主人公の女子高校生。しかも、臓器の鮮度・品質を保つため生きたままメスを入れる。

臓器売買がテーマとなるアングラ系ストーリー。単純に「臓器売買とか怖いよね」で終わるはずもなく、人身売買に絡むヤクザ・マフィア・医療業界の力関係などにも触れてストーリーが進む。

エロい解説

アングラ系漫画につきものエロ描写はもちろんあるし、ちゃんとスケベ担当セクシー主要キャラも設定されている。

そして、女子高校生である主人公はなんどもレ○プ未遂に合うが、筆者が読んでいる範囲ではなんとか未遂にとどまっている。

2022年10月発売の26巻で完結を迎えたので、最後まで読みたい人も手に取りやすい。裏社会好きは是非。

無職転生

著:フジカワ ユカ, その他:理不尽な孫の手, その他:シロタカ
¥546 (2023/09/25 14:30時点 | Amazon調べ)

面白さ概要

理不尽な孫の手氏によるなろう系小説。

34歳無職童貞のニートがトラックにひかれて異世界に転生。これまでを悔いつつ新たな人生を本気で生きていくストーリー。

いわゆる「異世界転生モノ」だが、近年の異世界転生モノの火付け役となったと言える作品。

よくある「チート能力を授かってハーレムで楽しい」みたいな作品とは各が違う。

ガチで剣と魔法の世界に転生したらどうなるか?の設定と話しの進め方が秀逸。例えば「まず、言葉がわからない」から始まる。冷静に考えてみれば日本じゃないのでそれが当然である。

こういった「ちゃんと異世界に転生している」のが無職転生が他の異世界転生モノと一線を画す要素。

エロい解説

決してハーレムものではないが、結果的に後半はハーレムっぽい感じにはなる。この辺のニュアンスはネタバレになるので触れないが、いわゆるハーレムものではない。

で、この要素がフェミニスト界隈には理解されない作品である。また、小説版の一部は「小説家になろう」から削除されている。これも具体的に触れるのは辞めておく。

主人公は元34歳無職童貞ニートなので、当然人並みに性欲はあり、それに伴うエッッッな描写はちょこちょこ出てくる。が、エロはあくまでも表面的な添加物であって、作品の真髄は登場人物の心理描写と世界観の設計だ。

漫画だとだいぶ話しが端折られ、かつ万人ウケするように複雑な心理描写などが省かれて、一般的な異世界転生モノに寄った作品になってしまっている。

できれば、アニメで登場人物のデザインや声などを理解した上で、原作の小説を読んで欲しい。

よふかしのうた

面白さ概要

『よふかしのうた』はコトヤマによる漫画作品。『週刊少年サンデー』で連載中。2022年6月時点で電子版を含む累計発行部数は250万部を突破。

『よふかしのうた』は、それなりに世渡りがうまかった中2の夜守コウが色々疲れて不登校&不眠症になっている設定。初めて一人で深夜徘徊し、誰もいない夜に心地よさを感じる。

そんな中、吸血鬼である七草ナズナと出会い血を吸われてしまうが、吸血鬼化はしない。夜守コウは吸血鬼になりたいと願うが、「吸血鬼に恋をした状態で、その対象の吸血鬼から吸血される」条件が必要。

なぜが血がめちゃくちゃ美味しい夜守コウは、吸血鬼になるため、つまり七草ナズナを好きになるために毎日よふかしを繰り返し、夜をたのしみつつナズナや他の吸血鬼との交流をしていく。

エロい解説

コトヤマは駄菓子屋をテーマにした『だがしかし』を描いた作者でもある。日常で見かける一見ありきたりな素材を面白いストーリーにして漫画化できる能力者な気がする。

吸血鬼が題材であり、見た目は可愛いしシモネタはたくさん出てくる。しかし、サキュバス的な直接的なエロは描かれていない。主人公中2だしね。でもエロい。

プラトニックや感触や匂いやシチュエーション的なエロとでも言おうか。エロい名前の文房具みたいな。

パンツもおっぱいも出てないし、エロいことはしていないが、それはエロいことだろみたいな。中2男子なら勃起不可視だろというエロ。

BLEACH(ブリーチ)

面白さ概要

BLEACHは、久保帯人による日本の漫画作品。主人公の一護はは死神代行として、霊魂たちを救うために戦うことになる。

非常に人気の高い異能バトルもの漫画。

エロい解説

少年向けバトル漫画なので直接的な性描写は基本的にはない。ではなぜエロいのか。

それは登場する女性キャラが非常に多様性にとんでいて、しかもみんな魅力的だからである。

よくもまぁこんなに多種多様なフェチを含めたキャラを創造できるものだ。

ブリーチによって性癖をめちゃくちゃにされた被害者が続出している漫画として有名である。

新たなフェチに目覚める覚悟をもって読んで欲しい。

アンダーニンジャ

面白さ概要

「アンダーニンジャ」は、花沢健吾による日本の漫画。花沢健吾氏の作品は「アイアムアヒーロー」「ボーイズオンザラン」が有名。

太平洋戦争後、GHQによって解体された忍者組織は、紛争やテロの時代になり消滅したかに見えたが、再び多くの忍者が日本国内の官民、あらゆる組織に潜伏し暗躍していた。その数は約20万人といわれ、現在も日本に存在している。その中の一人、雲隠九郎が主人公?となるストーリー。テレビアニメ化予定。

「現代まで忍者組織が存続していたら?」というIFから、テクノロジー×忍術で忍務をこなすストーリー設定がもう面白い。絵もきれいで見やすいし、ギャグ要素も豊富。しかも、現行のストーリーで未だに主人公とその目的がはっきりしておらず、本来の設定が隠されているように感じる。にも関わらず続きを読まされる漫画力。

エロい解説

忍者ものなので当然「くノ一」的なアレは出てくるし、エッチ担当キャラもしっかり描かれる。

とは言え、露骨なエロ釣りではなく、あくまでも下ネタやギャグ要素の一貫として楽しいエロの使い方がされる。

それほどエッチシーンは多くないが、漫画が普通におもしろいので是非。

ホームルーム

面白さ概要

『ホームルーム』は、千代による日本の学園サイコ・ラブコメ漫画。講談社が運営するウェブコミック配信サイト『コミックDAYS』にて2018年3月から2020年2月まで毎週木曜日に連載。全8巻なので読みやすい。またドラマ化もされている。

いじめられている女子高生が、自分を支えてくれる先生に恋心を抱きながら、先生の秘密を次第に知っていく物語が展開される。

爽やか青春学園ものと見せかけて、登場人物がクセ者だらけ。やっていることが不良や犯罪指数の高いことばかり。緊張感の中でシリアスな笑いも含まれており楽しく読める。

エロい解説

エロい部分を解説するとネタバレにつながってしまうので詳しい話は省かせていただきたい。

いじめやストーカーなどから連想されるエロシーンが登場すると思ってくれ。

先生の白い嘘

面白さ概要

「このマンガがすごい!オンナ編」2014に第9位を獲得。鳥飼茜の青年漫画。

24歳の高校教師(女性)が主人公。男子生徒や友人の婚約者や、その他もろもろの人間との関わりの中でうまれるドロドロとした女性の心理描写が描かれる。

「オンナ編」で評価された作品ということもあり、女性の立場からすると「わかる」「あるある」共感できる内容が盛りだくさんである一方、男性読者が見ると「オンナこわ……」という感想になるかもしれない。

エロい解説

恋愛や男女の関わりを描くのがメインである作品のため、必要なエロシーンは含まれる。

ただし、それはエロを描くためのエロではなく、人間関係や自身のあり方を考えるきっかけとしてのエロ。楽しいエロではなく、ちょっと精神的に来るエロかもしれない。

あやかしトライアングル

面白さ概要

漫画「あやかしトライアングル」は、矢吹健太朗による作品で、彼の過去の有名作品には「To LOVEる -とらぶる-」などがあります。集英社の「週刊少年ジャンプ」にて2020年28号から2022年20号まで連載されました。

舞台は、不思議な妖怪「あやかし」が存在する日本。主人公・風巻祭里は、妖怪と戦う忍者「祓忍」で、幼なじみで妖怪が好きな少女・花奏すずを守るため、日々妖怪と戦っています。花奏すずは妖巫女であり、祭里と共に妖怪との戦いに挑んでいます。

祭里とすずの関係、妖怪との戦い、そして祭里の秘密など、多岐にわたるストーリーが展開される作品で、読者を魅了しています。

エロい解説

「To LOVEる」の作者が描く漫画なので、少年誌らしいエロさが楽しめることは想像できると思う。もちろん、妖怪モノが好きな人も楽しく読めるファンタジーストーリーだ。

この作品の最も得意な点は、エロのベースが「百合」であること。それもただの百合ではない。

主人公・風巻祭里(男)が妖術により女体にされてしまい、「女体の男+ヒロイン」という組み合わせでのイチャコラが見られる。よく考えたなと感心する。

闇金ウシジマくん

面白さ概要

『闇金ウシジマくん』は真鍋昌平による日本の漫画作品です。この作品は、主に闇金業者である主人公・丑嶋馨が様々な客との出会いとそこから生じる人間模様を描いています。

『闇金ウシジマくん』の面白さは、社会的なタブーとされる闇金業界のリアリティある描写にあります。主人公・丑嶋馨の複雑なキャラクターは、冷酷なビジネスマンとしての面と、借り手の人間性に深く関わる姿が見られます。また、借金を抱える人々の生の声と、彼らが直面する極限状況の描写が、読者に強烈な印象を与えます。この漫画は、個性的なキャラクター、緊迫したストーリーライン、そして社会問題への鋭い洞察により、ただのエンターテイメントを超えた作品として評価されています。

エロい解説

『闇金ウシジマくん』は、闇金業界を舞台にした物語で、さまざまな背景を持つ人物が登場します。この物語には、犯罪に手を染める者やギャンブル依存症、薬物使用者など、社会的には表立って語られないような人々が描かれています。

また、この作品では、水商売や風俗関係、援助交際といった性的な内容も取り上げられます。これらの話題は、作品においてアンダーグラウンドな世界のリアリティを深める要素として重要です。ただし、これらのダークな側面が中心であり、一般的な社会人の性描写とは異なります。こうした内容が苦手でなければ、作品を楽しめると思います。

エロ面白い漫画:まとめ

エロだけの漫画は文字通り「ただエロいだけ」です。

本来、漫画というものはストーリーやそれを表現する作画技術を楽しむもの。

どうせ読むなら「漫画として面白い」かつ「エロい」作品に時間を使いたい。

よかったらシェアしてね!
目次