JDセフレの作り方|女子大生との出会い方9種とセックスする戦略

jd(女子大生)との出会い方

女子大生との出会いを求めるあなたに向けて、JDとのセフレ関係を築くための秘訣を紹介しています。

出会い方から関係を深めるまでの具体的なステップを詳しく解説し、心と身体の両方に響く真の出会いの方法を伝授します。

女子大生はその若さと魅力で多くの人にとって魅力的な存在です。人としてまだ汚れておらず、JK(女子高生)と違って社会的に問題ない関係を築ける。JDは合法的に相手が出来る、もっとも資産価値が高い女性です。

このページでは特に、マッチング出会い系アプリを気軽に使う現代の女子大生との出会いの機会に焦点を当てています。恋愛戦略を一新させるためのガイドとして、マッチングアプリやナンパ、クラブ、学祭や大学食堂での出会い方、そして年齢を重ねた男性のアプローチ方法についても詳しく紹介しています。

目次

JD:女子大生のセフレ事情

女子大生は、セフレになりやすい傾向がある理由をいくつか挙げることができます。

まず、地方出身で一人暮らしをしている女子大生は、新しい環境での自由さや孤独感から、親密な関係を求めやすいです。大学デビューを経験している女子大生は、新たな自己を発見し、異性との関係にも積極的になる傾向があります。

男子禁制の女子大に通う女子大生は、男性との接触機会が限られているため、外での異性との交流に興味を持ちやすく、それがセフレ関係に発展することもあります。加えて、家庭環境が貧困系である場合、経済的な援助を求めて「援助交際」や「パパ活」に走るケースも少なくありません。このような背景は、セフレ関係を生む要因の一つとなることがあります。

また、一般的に、大学生は社会人に比べて自由な時間が多く、社会的な制約が少ないため、セックスに対するハードルが低いと言えます。このことは、特に30代の女性と比較すると顕著であり、若さと自由な時間が、セフレ関係を築きやすくしています。

総じて、女子大生がセフレになりやすい理由は、生活環境、心理的な要因、経済的な背景、そして自由な時間の存在など、多岐にわたります。これらの要素が複雑に絡み合うことで、女子大生はセフレ関係を持ちやすい状況になるのです。

ということですので、最初から諦めてしまわずにJDに積極的にアプローチしてみる価値はあります。

JDとの出会い方・女子大生と出会える場所

出会いの場は多種多様です。学生時代のような自然な出会いは少ないかもしれませんが、それでも恋愛のチャンスは豊富にあります。特に、出会い系マッチングアプリの使用は効率的な方法の一つです。

これらのアプリでは、何万人もの会員から自分の好みや希望に合う相手を見つけることが可能です。迅速で便利なこの方法を用いれば、年齢に関わらず興味を持ってくれる人との繋がりを見つけることができます。

年齢を重ねた男性が若い女性とどう出会うか、出会いの機会を紹介します。

マッチングアプリ・出会い系

最近のマッチングアプリは、恋活や婚活といったキーワードを前面に押し出しており、多くの若い女性が気軽に参加しています。マッチングアプリの最大の特長は、年齢やプロフィールから相手を選べることです。

これにより、女子大生(JD)を対象にアプローチする際にも、確実性があります。特に、ナンパが得意でない方や環境がナンパに不向きな場合、インターネットを介した出会い(ネトナン)を試すのがおすすめです。

ただし、「詐欺的なアプリ」や「利用者が少ないアプリ」は避けるべきですが、基本的にはどのアプリを選んでも若い女性との出会いの機会は豊富にあります。

アプリには大きく分けて「定額制アプリ」と「ポイント制アプリ」の2種類が存在します。20代の男性の場合、Pairs、tapple、withなどの有名な定額制アプリが適しており、これらは月額3,000〜4,000円前後で利用できます。

一方、30代以上の男性には、恋愛系マッチングアプリのマッチング率が低くなる傾向があるため、ポイント制アプリの利用が推奨されます。ポイント制アプリでは、より若い女性とマッチングすることが容易です。

このように、年齢や目的に応じてアプリを選ぶことが、成功への鍵となります。

王道アプリはこちら

ハッピーメール R18
公式:https://happymail.co.jp/
累計会員数3000万人。運営年数22年以上。プロフ閲覧無料なため気軽に日常使いができる。
詳しく

ナンパ

ナンパは、自信と機転を活かして、若い女性や女子大生に声をかける方法です。見た目やファッションでターゲットの年齢層を見極め、気軽にトライしましょう。女子大生や若い女性に特化したナンパには、その特性を把握し、適切なアプローチが必要です。彼女たちの関心や流行を理解し、自然で親しみやすい会話を心がけることが成功の鍵です。

ストナン

ストリートナンパは、街を歩いている女性に声をかける一般的な方法です。この手法は、女子大生に限らず、多くの女性に対して有効です。特にJD(女子大生)専用のテクニックはありませんが、声をかけてから相手がJDだと分かることもあります。

街中で声をかけ、番号交換や一緒に出かける機会を作ることで、偶然にもJDと出会うチャンスが生まれます。声をかける際は、相手に敬意を払い、自然なコミュニケーションを心がけましょう。

クラブナンパ

クラブは入場年齢を20歳以上に設定しているため、19歳の女子大生はいないことが一般的です。

クラブ選びでは、年齢制限の確認が重要。21歳以上や23歳以上の制限を設けているクラブもあるので、事前に情報を集めましょう。また、若い層が集まるクラブを選ぶと、女子大生との出会いの可能性が高まります。

地域や時期によって客層が変わることもあるので、最新情報をチェックすることが肝心です。

BARナンパ

BARでのナンパは、特に若い女性や女子大生がターゲットの場合、戦略が必要です。多くのJDや若い女性は、友人と一緒にバーを訪れることが多いため、彼女たちが単独で飲むことは稀です。そのため、ナンパを成功させるには、最適な環境を選ぶことが重要です。
まず、ナンパの際には、できれば自分も友人と共に2人で行きましょう。2対2の形式を目指すことで、相手も安心しやすく、会話が弾みやすくなります。

次に、場所の選択です。落ち着いた雰囲気のオーセンティックバーではなく、HUBのような活気あるバーを選ぶことをおすすめします。こういった場所では、女性もリラックスして楽しんでいることが多く、ナンパへの抵抗感も少ないでしょう。また、音楽や雰囲気がナンパに適している場合が多いので、自然な形で会話を始めやすくなります。

相席居酒屋・相席ラウンジ

相席居酒屋やラウンジは、さまざまな人々が集まる社交の場所です。一般的には20代後半の年齢層が多いため、女子大生との出会いは比較的少ないかもしれません。

しかし、女子大生が多く訪れる地域の相席居酒屋やラウンジでは、彼女たちが友人と気軽に時間を過ごす機会があり、新しい出会いを探している男性にとって有利な場となる可能性もあります。

また、相席居酒屋やラウンジはグループでの利用が一般的です。友人たちと一緒に出かけることで、自然な形で会話を楽しむことができ、新しい出会いが生まれやすくなります。このような環境は、異性との出会いを探している方にとっては魅力的です。新しい人々との出会いを楽しむために、友人と一緒に訪れてみるのはいかがでしょうか。

大学祭・大学食堂

大学祭は女子大生と出会う絶好のチャンスです。活気に満ちた雰囲気の中、ブース巡りやイベント参加を通じて、自然に交流を深めることができます。話題は共通の興味から始めると良いでしょう。例えば、展示内容や企画の感想など、身近なトピックで会話を広げることがポイントです。

また、大学食堂は日常的な出会いの場所として最適です。カジュアルな雰囲気の中で、授業の話や食堂のメニューについて軽く会話を交わすことができます。共通の関心事から自然に話が弾むことも多いです。

重要なのは、無理なアプローチを避け、共通の興味や話題を見つけて自然な形で交流を楽しむことです。また、学祭での行動は周囲に配慮し、迷惑をかけないよう注意することも大切です。周囲に気を使いながら、道を尋ねるなど、控えめな声かけから始めてみるのが良いでしょう。

JDアルバイトと客

カフェや居酒屋での学生アルバイトとの自然な出会いは、顧客として店を訪れ、会話を始めることから生まれます。飲食店は学生アルバイトが多く、コミュニケーションの機会が豊富にあります。

ただし、注意点として、もし声かけが上手くいかなければ、その店を再度利用することが心理的に難しくなる可能性があるため、慎重に行動することが大切です。また、自然な会話の流れで相手の興味や趣味に触れ、共通の話題を見つけることが、関係を深める鍵となります。

SNS・ゲーム

SNSやゲームを活用することは、新しい出会いの場として注目されています。特に、趣味や仕事で一定の認知度を持つアカウントを運営している方にとっては、オフラインでの交流(オフパコ)の機会を得やすいです。

日常的に情報発信を行うことができる人には、SNSやゲームを通じたコミュニケーションは有効です。ただし、注意が必要なのは、オンラインでのやり取りが思わぬ形で公開されるリスクがあること。

特に、著名人やインフルエンサーの場合、過去の交流内容が公にされることがあります。常に礼儀正しく、相手を尊重する姿勢を忘れないようにしましょう。

夜職:ガールズバー・キャバクラ・スナック

ガールズバーやキャバクラは、学生が働くことが多い職場です。ここで働く女子大生と仲良くなるためには、常連客としての信頼を築くことが重要です。頻繁に通うことで彼女たちとプライベートな関係を築くチャンスが生まれるかもしれません。これは一種の間接的なパパ活と考えることもできます。

しかし、注意すべき点がいくつかあります。まず、勉強に忙しい真面目な女子大生はこの業界にはほとんどいません。また、特定の専門職を目指す学生(例えば看護学生など)は、専門分野でのアルバイトを選ぶ傾向にあり、このような場所で出会うことは少ないでしょう。つまり、ターゲットとなるのは比較的時間のある女子大生に限られます。

お酒が好きで、ある程度の飲み代を支払う余裕のある方には、この方法が適しているかもしれません。常連客としての地位を築くことが、彼女たちとの良好な関係構築の鍵となります。

仕事関係・就活イベント

仕事や就活イベントは、女子大生と接点を持ちやすい場です。新入社員や学生インターンに手を出して晒されるおじさん、学生にセクハラしたことをバラされる大学教授などのニュースが多いことは、それだけ若い女の子と接点を持ちやすい環境であることの証明です。

共通のタスクや職場環境は自然な会話のきっかけを提供し、親しみやすい雰囲気を作り出します。共感や協力を通じて、親密な関係に発展する可能性があります。ただし、立場や力関係を利用したコミュニケーションはセクハラと見なされるリスクがあるため、注意が必要です。

また、就職イベントはキャリア志向の女子大生と出会う絶好の機会です。共通の専門分野や業界への関心から、自然な会話が生まれます。将来の目標や職業に関する話題を通じて、意味のある関係を築くことが可能です。ここでは、相手のキャリアや学びへの興味を尊重することが大切です。

知人・友人からの紹介

知人や友人からの紹介を通じて女子大生との出会いを探る方法は、既にある程度の信頼が築かれている状況からスタートするため、出会いの質が高いと言えます。共通の知人がいることで、初対面時の緊張感が軽減され、自然な会話の流れを生み出しやすくなります。

また、互いのバックグラウンドや共通の話題があるため、より深い関係へと進展しやすいです。この方法は、既存の社会的ネットワークを利用するため、新たな出会いを求める際にも安心感があります。

交際クラブ・パパ活・風俗

マッチングアプリでの出会いが難しい、またはメッセージの交換が煩わしいと感じる方は、パパ活専用のアプリを利用すると効果的です。パパ活を通じて若い女性と出会い、恋愛関係や無償のセックス関係へと発展するケースも少なくありません。

マッチングアプリを利用する女性は大きく二つの目的に分かれます。一つは暇つぶしや恋愛を目的とするグループ、もう一つはパパ活や性的な関係を求めるグループです。自分の求める関係性に合った相手を見極め、マッチすることが重要です。経験を積むことで、相手のプロフィールやメッセージからその目的を判断できるようになります。

もし単に性的な関係を求めているのであれば、パパ活や性的な関係を求める女性にアプローチするのが一つの方法です。このような関係を楽しみながら、真剣な恋愛関係を探すのも良いでしょう。

成功の秘訣は、自分のプロフィールやメッセージの工夫を行い、適切なアプリを選ぶことにあります。年齢層に合ったアプリを選択することで、マッチング率を高めることができます。

JDの口説き方 女子大生にモテるには

若い頃と全く同じとは言えないかもしれませんが、年齢を重ねたからこそ持っている強みもあるのです。その強みを活かせば、若い男性よりもはるかに魅力的に映ることだってできるのです。

おじさん男性が女子大生にモテるためには、自分の魅力を理解し、それを上手にアピールすることが大切です。年齢を重ねた男性ならではの落ち着きや経験は、若い女性に安心感を与えることができます。

また、金銭的な余裕や社会的な地位も魅力の一つとなるでしょう。重要なのは、自分の強みを自然体で表現すること。無理に若作りをする必要はありません。

参考:


女子大生が年上男性に抱く魅力

金銭的な安定感と余裕

年上男性の魅力の一つとして、金銭的な安定感と余裕が挙げられます。彼らは長年のキャリアを通じて経済的基盤を築いており、これは若い女性にとって心の安らぎをもたらします。特に、女子大生が将来に対して不安を感じるときに、この安定感は重要で、リラックスした環境を提供することができます。

余裕ある生活スタイルによって、共に過ごす時間が充実し、特別な体験が可能になります。一般的に、「お金を持っているように見える」というイメージは中年男性に関連付けられます。中年になると、多くの男性が会社での地位を確立し、家族がいてもそれなりの貯蓄があると考えられます。

年齢に関わらず、女性は男性に経済力を求める傾向があります。美味しい食事を楽しむことや欲しい物を購入する力がある人に惹かれるのは自然なことです。金銭的に余裕があるように見られることは、社会的にも大きな利点となることがあります。若い社会人と比べ物理的な能力では劣るかもしれませんが、経済力を持っているように見られることは、大きなアドバンテージになります。

男性としての成熟度と包容力

男性としての成熟度と包容力は、特におじさん男性に見られる特質です。これらは、人生のさまざまな経験を通じて磨かれます。おじさん男性は、仕事やプライベートでの試練を経験していることが多く、これが彼らに「余裕がある」というイメージを与えています。

多くの女性は、おじさん男性が動じない様子をかっこよく思い、経験豊富な彼らがリードしてくれると感じます。また、彼らの余裕から、何でも許してくれるように見えたり、気持ちを理解してくれると感じたりすることもあります。

おじさん男性は、家庭を持ち、「父親」になることも多いです。このことから、自然と包容力が育まれます。子供がいなくても、人生経験の豊富さから女性を包み込むオーラが感じられることがあります。これは若い男性にはない、おじさん男性特有の魅力です。

成熟した男性の包容力は、女性が男性に求める重要な要素の一つです。女性は男性に守られたいと考えることが多く、おじさん男性のこの特質は魅力的に映ります。彼らは人生経験を通じて深い人間性と理解力を身につけ、若い女性が日常生活や将来の夢について話す際に支えとなり、導くことができます。

このようにして、おじさん男性は単なる年上の存在ではなく、信頼できるパートナーとして見られるようになるのです。

女子大生にモテる年上男性の振る舞い方

年上の長所を理解し活かす

おじさん男性が女性からモテるための秘訣は、「おじさんの強みを活かす」ことにあります。若い男性と競い合って体を鍛えるよりも、おじさんならではの特長を生かすことが重要です。これには、

  • お金
  • 男性としての余裕
  • 包容力

などが含まれます。これらを使い、女性を魅了するわけです。

  • 「財力」を使って、非日常的なレストランや料亭でのデートを楽しむ
  • 「男の余裕」で、レディファーストを心がけ、感情の起伏を抑える
  • 「包容力」を発揮し、話を聞き、成熟した意見を提供する

年齢を重ねた男性は、これらの振る舞いが自然であればあるほど有利です。おじさんであることで女性に「財力や包容力がある」と感じさせることができます。

さらに、清潔感を保ち、女性に気を使うことは基本です。これは全てのモテる男性に共通する条件です。これを怠れば、若い男性に後れを取ることになります。

身だしなみに気をつけることも重要ですが、若作りは避けましょう。

女子大生にモテるおじさん男性は、自分の長所を深く理解しています。これは自己の得意分野や提供できる価値を自覚することから始まります。人生経験や専門知識、コミュニケーション能力などをデートや会話で活かし、相手の興味を引きます。しかし、自慢せずに謙虚さを保つことが成功の鍵です。

パートナーを思いやる心構え

多くの中高年男性は、奥さんとの関係でセックスレスに陥っていることが少なくありません。新しい恋人ができると、夜の営みを存分に楽しみたいと考えるのは自然なことです。

しかし、若い頃のように単に自分の快感を追求するのではなく、パートナーへの思いやりを持って接することが大切です。特に、年齢を重ねた男性からは、余裕や包容力が求められがちです。これはセックスにおいても同様で、パートナーが「自分を優先して欲しい」とか「大人の余裕ある態度を見せて欲しい」と考えていることが多いのです。

いい歳をして自分だけを満足させようとすると、単なる「痛いおっさん」と見られがちです。ですから、恋人とのセックスでは相手の快感を最優先に考えるべきです。普段の生活はもちろん、夜の営みでも「大人の余裕」を見せることで、相手の女性もあなたをより高く評価するでしょう。

また、女子大生との関係においては、相手を思いやる心構えが特に重要です。これは、彼女たちの気持ちを理解し尊重することを意味します。若い女性の視点や感情を考慮し、彼女たちが関心を持つ話題や活動に柔軟に応じることが大切です。適切なアドバイスや支援を提供することで、信頼関係を築き、より深い絆を育むことができます。パートナーを大切にする姿勢は、女子大生にとっても魅力的な特徴となります。

大人の魅力をさりげなくアピールする方法

JDの周りにいる男子学生たちとは異なることを、さりげなく示します。金持ちや偉いというアピールは避けましょう。それでは、非モテと思われる可能性があります。普通に振る舞いつつ、相手が「なんか大人いいかも♡」と自然に感じるようにしましょう。自分を磨いて、そう感じ取られるよう努めます。

大人の魅力をアピールする際、さりげなさが鍵です。自信を持ちながらも、それを誇示することなく自然に振る舞うことが大切です。趣味や興味について語る際、深い知識と情熱を伝える一方で、相手の意見に耳を傾けることで、成熟した大人のバランス感覚を示せます。細やかな気遣いや礼儀正しさも大人の魅力です。若い女性に対する敬意と真剣な聞き方で、安心感と魅力を与えられます。

大人の魅力がない”ただのおっさん”はだめ

JDが関わる相手は、若さと活力を持つ人々や、洗練された大人に限定されています。30歳以上の方は、歳を重ねることの魅力を理解し、それを体現することが求められます。

実際、時間と経験によって培われた独自の魅力は、若者では見出せないものです。単に年齢を重ねただけで内面の成長が見られない人は、魅力的とは言えません。これは男女問わず、また同性の関係性においても同様です。ただし、パパ活のような関係ではこの限りではありません。

若さは魅力の一つに過ぎません。年齢を重ねることによってのみ得られる、例えば人生経験に裏打ちされた洞察力や冷静な判断力は、若さでは得られない貴重な資質です。専門知識や趣味に関する深い知識も、時間をかけて磨かれるものです。

これらは若い世代に新たな視点を提供し、尊敬を集めます。大人としての落ち着きや成熟した人間関係の築き方は、若さだけでは表現できない独特の魅力を持っています。

JD 女子大生の特性を知る

「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」という古い格言があります。これは、相手の性質や状況を理解することが、どのような対応をとるべきかを決定する上で非常に重要であるということを示しています。

後半部では、具体的な出会い方やアプローチの方法について詳しく述べますが、それらはまず相手の特性を深く理解することから始まります。単にテクニックを駆使するだけでは、表面的な関係しか築けません。そこで重要なのは、女子大生が一体どのような人物かを把握することです。彼女たちの心理や行動パターンを知ることで、あなたのアプローチはより効果的なものになります。

敵を知ることが戦略の8割

JDの基本特性

若い(18〜22歳)こと

女子大生は、その多くが18歳から22歳という若い年齢層に属します。この年代は、高校を卒業し、進学や初めての社会経験を通じて大人の女性へと成長していく過渡期です。彼女たちは、新しい環境や情報に触れることで日々変化し、成長しています。この変化の速度は非常に早く、彼女たちの世代や現在の状況を理解することは、コミュニケーションを取る上で非常に重要です。

また、彼女たちの学校生活やアルバイトの経験は、その人格形成に大きな影響を与えます。そのため、彼女たちの日常や関心事に注意を払うことは、彼女たちとの関係を深める上で役立ちます。女子大生とのコミュニケーションでは、彼女たちの年齢や経験に配慮し、理解と共感を示すことが重要です。

このように、女子大生の年齢層を理解し、彼女たちの成長と変化に寄り添うことで、より良い関係を築くことができます。

学生という身分である

「学生」という身分は、社会人とは異なる独特の特徴を持っています。彼らの社会経験は限られており、多くの場合、アルバイトがその主な源です。しかしこれらの経験は一般的に短期間に限定され、社会人が持つ常識、知識、感覚、態度などを充分に身に付けているとは限りません。

このため、学生に接する際には、これらの要素を教育し導く役割を担うことが重要です。また、彼らの意思決定や判断基準も社会人とは異なります。学生の立場に立って物事を考え、適切に対応することが求められます。

お金や権威が無い

多くの学生は限られた予算で生活しています。これは社会人と比べて、財力に大きな差があることを意味します。学生時代は財力が限られているため、高価なプレゼントや高級なレストランでのデートは一般的ではありません。これは特に、20代中盤から後半の女性を口説く際に注意が必要です。

「非モテコミット」という言葉があります。これは、男性が金銭的な価値を前面に出し下手に出過ぎることで、女性からの関心を失うことを指します。女性は、金銭的な価値で釣ろうとする男性に魅力を感じにくいのです。しかし、女子大生(JD)の場合、まだ社会人男性との交流が少ないため、財力を示すことが有効な場合もあります。これは、他の学生とは違う特別なデートを提供できるという意味です。

また、学生時代は社会的地位や権威があまり重要視されませんが、社会人としての地位や権限を持つことは、JDにとって新鮮で魅力的に映る可能性があります。したがって、自分の職業や成果を適切に伝えることで、彼女たちの興味を引くことができるでしょう。

JDの社会的・文化的環境

出会いの数は社会人より多い

社会人になると、多くの場合、人間関係は初期の出会いによって固定されがちです。職場や仕事関連で出会う異性の中で、実際に恋愛対象となる人は数が限られてしまいます。

一方で、学生生活は出会いの機会に富んでいます。大学や短大には多様な人々が集まり、さまざまな学部やサークル、学園祭、合コン、アルバイトなどを通じて、新たな交流が生まれます。これらの機会は、学生にとって社会人よりも頻繁に異性と出会うチャンスを提供します。

そのため、異性との関係を築く際には、これら多様な交友関係を理解し、適切にアプローチすることが重要です。学生時代の豊かな人間関係は、多くの新しい出会いを生み出す土壌となります。

JDの需要は高い

女子大生(JD)との出会いは多くの人にとって魅力的ですが、その分競争も激しいです。あなたがJDと出会い、関係を築こうとしている間にも、他の男性からのアプローチがあるかもしれません。

自分だけが彼女に注目していると思っていると、気づいた時には他の誰かが彼女の心をつかんでしまう可能性があります。女子大生へのアプローチには、このような競争の激しさを常に意識し、戦略を練ることが重要です。

女子大生と社会人との感覚の違い

女子大生と社会人では、日常生活の「常識」に対する感覚が異なることがあります。たとえば、最低限の礼儀を守ること、メッセージへの迅速な返信、時間を厳守することなど、社会人にとって当たり前の行動が、女子大生にとっては同じように感じられない場合があります。

この「常識」の違いは、悪意から来るものではなく、単に生活環境や経験の違いによるものです。この点に気づかずに努力しても、コミュニケーションや交渉は思うように進みません。ですので、若い頃の自分を思い出し、相手の立場に立って考えることが重要です。相手の感覚や価値観を理解することで、より良い関係を築くことができます。

学校にバイトに遊びに忙しい

女子大生は一見、社会人に比べて時間を持て余しているように見えるかもしれませんが、実際は学校の授業、アルバイト、友人やクラブ活動といった交際で日々多忙です。忙しい彼女たちの生活に理解を示し、感情的な見方は避けることが重要です。

彼女たちの密度の高いスケジュールの中で自分とのデートを優先させるには、そのデートが十分魅力的であることが必要です。たとえ彼女が家でリラックスしている時でも、あなたとのデートの魅力がソーシャルゲームよりも高ければ、彼女は「忙しいけど、やっぱり会いたい」と感じるでしょう。

このためには、彼女たちとの信頼関係を築き、あなた自身の価値を高めることが大切です。また、デートプランや誘い方に工夫を凝らすことで、デートの魅力を高め、あなたへのプライオリティを向上させることが可能です。

30歳以上は学生からの見られ方が変わる

若い女子大生たちにとって、30歳はある種の心理的なボーダーラインとなっています。これは、彼女たちが普段接する人々の年齢層が比較的若いためです。たとえば、出会い系サイトでは「20代まで」という条件が多く見られますが、これは30歳以上の人々を否定する意味ではありません。むしろ、彼女たちには30歳以上の人々との接点が少なく、未知のものへの自然な警戒心や不安があるためです。

心理学では、未知のものに対するこのような反応は一般的です。学生生活では、友人や先輩のほとんどが20代で、30歳以上の人々との日常的な交流が少ないため、そのような年齢層に対する理解が限られています。しかし、社会人になると、職場での30代の先輩との接触が増え、この年齢層への心理的な壁は徐々に低くなる傾向にあります。

学生にとって、30歳以上の人々は教授や講師、店長、または大学のOBの上司など、立場的に離れた存在として認識されがちです。彼女たちにとって、これらの年齢層の人々と親しくなるのは想像しにくいものです。しかし、世代間の交流を促進することで、このイメージを変えることが可能です。

JDの好みと傾向

女子大生が重視する外見の魅力

女性の嗜好について一般的な傾向を考えてみましょう。若い時期は、個々の経済力や社会的地位の差が明確でないため、外見や即時的な楽しさが重視されることが多いのです。特に学生時代は、社会的な評価基準がまだ明確でなく、外見の良さや表面的な楽しさで相手を判断する傾向があります。

社会人になると、経済力や社会的地位などの評価基準が明確になりますが、学生時代はそういった実感が薄いことが多いのです。そのため、特に女子大生はイケメンや外見の良さを重視する傾向にあります。

しかし、これは必ずしも絶対的な基準ではありません。個々ができる範囲で最善のルックスを目指すことが大切です。髪型、服装、清潔感、体型の維持、筋トレ、ヒゲ脱毛、体臭の管理など、見た目を磨くためには様々な方法があります。

女子大生との関わりにおいて、これらを意識するだけでも出会いのチャンスは広がるでしょう。

高級店・プレゼントが効果的

高級店やプレゼントは、経済的な自立が進んでいない若年層の女性に特に効果的です。この段階では、男性からの贈り物やおごりを新鮮に感じるため、ポジティブな印象を与えやすいのです。

特に、大学生活を送る女子学生(JD)は、このような手法に対してオープンです。彼女たちは大人の女性へと成長していく過渡期にあり、新しい経験や刺激を受け入れやすい傾向があります。

ただし、経済的に自立している女性や、贈り物を頻繁に受け取っている女性に対しては、この手法は逆効果になる場合があります。彼女たちは、贈り物をただの物質的なものと捉え、深い感情のつながりを求めることが少ないからです。したがって、相手の背景や性格を理解し、適切なアプローチを選ぶことが重要です。

ライバルは男子学生であることを意識

女子大生が日常的に接するのは、主に同じ学生である男子学生たちです。彼らは、彼女たちにとって「男性としての基準」となることが多いのです。そのため、彼女たちの目には、あなたもまた、この「基準」となる男子学生と比較されていることを認識することが重要です。

この点を意識することで、あなたのアプローチはより効果的になります。たとえば、学生らしい単純な対応ではなく、独自の魅力や経験を活かしたコミュニケーションを取ることができるでしょう。これにより、女子大生に新鮮な印象を与え、彼女たちの興味を引くことが可能になります。

このように、彼女たちが普段接する男子学生とは一線を画す独自性を示すことが、印象に残る接し方となります。

まとめ:JD 女子大生 をセフレにする方法

女子大生との出会いに関する有益なヒントや方法を提供しました。何か一つでも新しい発見があればとても嬉しいです。

肝心なのは、まずは積極的に出会いの機会を増やすことです。出会いがなければ何も始まりません。複数の女性に同時にアプローチすることで、成功の確率を高めることができます。

ここで、マッチングアプリの活用が大きな役割を果たします。ナンパよりも手軽に、また確実に出会いのチャンスを広げることができるのです。マッチングアプリは、簡単に多くの女子大生と接点を持つことができる最適な方法です。

  • ナンパ派:街へGO!
  • 恋愛目的:マッチング系アプリ
  • 取り敢えずJDとパコりたい:出会い系アプリ

特に「おじさん」の方々には、マッチングアプリが新しい恋愛の扉を開く鍵となります。年齢を重ねたからといって恋愛から退く必要はありません。恋愛は人生に新たな楽しさと活力をもたらし、若々しさを保つ秘訣でもあります。

ただし、既婚者の方は注意が必要です。恋愛は楽しい遊びの一環であり、家庭や既存の関係を大切にするバランスを保つことが重要です。

ハッピーメール R18
公式:https://happymail.co.jp/
累計会員数3000万人。運営年数22年以上。プロフ閲覧無料なため気軽に日常使いができる。
詳しく
よかったらシェアしてね!
目次