社会人が出会いを増やす方法|友達・恋人と出会うきっかけを作るコツ

「社会人としての日々、忙しい日常の中で新しい出会いが欲しい」と感じたことはありませんか?

ほとんどの人が毎日同じ職場に出勤し、同じ同僚に会っているわけですから、そうなってしまうのも無理はありません。

学生の頃はサークルやバイトなど様々な出会いがありますが、社会人になると出会いの場を見つけるのはなかなか難しいのが現実。学生時代のような頻繁な出会いの機会は減少するかもしれませんが、社会人でも新しい関係を築くきっかけは意外と身近にあります。

マッチングアプリの活用から、普段の生活の中での小さなきっかけまで、これらの方法を取り入れることで、あなたの人間関係も大きく広がる可能性があります。出会いの質と量を増やし、より豊かな社会人生活を手に入れるためのヒントが詰まっています。

自分から能動的に「出会いの母数」を増やす必要があります。社会人としてのライフスタイルにあった出会いのきっかけづくりを進めれば、遊び相手にこまることもなくなるでしょう。

社会人の立場において出会いを増やす方法やきっかけを紹介します。

Jメール R18
公式:https://mintj.com/
会員数600万人突破。運営歴20年以上。無料で検索機能が使え目的の相手を探しやすい。
詳しく
目次

社会人が出会いを増やす方法ときっかけ

社会人になると、学生時代のように自然と出会いが増える環境は少なくなります。しかし、社会人だからと言って出会いがないわけではありません。日常の中にはたくさんの出会いのチャンスが隠れています。

今回は、社会人として友達や恋人との新しい出会いのきっかけや、その方法をいくつか紹介します。気になるポイントを見つけて、自らの生活に取り入れてみることで、新しい人間関係の扉を開くことができるでしょう。

マッチングアプリ・出会い系アプリ

近年、マッチングアプリの利用者数は急増しています。多忙な社会人にとって、手軽に相性の良い相手を探すことができるこのツールは非常に便利です。プロフィールを設定し、自分の好みに合わせてスワイプするだけで、気になる相手とマッチングすることが可能です。

しかしながら、安全に利用するためには、プライベート情報の管理や初めてのデートの際の場所選びなど、注意点もいくつか存在します。マッチングアプリを使う際は、信頼性のあるアプリを選び、しっかりと自己紹介や趣味を記載することで、理想的な相手との出会いを増やすことができるでしょう

出会い系は、時間や金銭的な制限があるサラリーマンにとって、最も効率よく、多くの女性と出会うことができる方法です。

出会い系アプリのメリット
  • 合コンやBARナンパと比較してかなり安い
  • 一人でできるので時間的な制限が無い
  • 場所の制限もない
  • オンラインのやり取りで関係を深めた状態で会える

忙しいサラリーマンにとってかなり都合が良いものになっています。

出会い系では、ほとんどの場合お互いの趣味や共通点など、ある程度知った状態で顔を合わせます。そうなると、初対面でも自然と会話がはずみます。

つまり、ナンパができない男性や、女性と話すのが苦手な恋愛初心者でも、安心して使うことができるというわけです。相手の警戒心も解けるので、ナンパより、遥かに成功率も上がります。出会いの母数が上がることは間違いありません。

しかし、万能とも思える出会い系にも、デメリットがあります。匿名性が高いというその性質上、援交などの犯罪に巻き込まれる可能性もあります。そのようなことに巻き込まれた場合、知らなかったでは済まされません。

ただ、そのリスクは、「違法サイトを使わない」ということに気を付ければ、ある程度回避できるものです。

優良な出会い系では、そのような書き込みはすべて削除されますし、監視体制も行き届いています。

また、優良な出会い系にはサクラがいない1のも特徴です。

ですので「せっかくメッセージをやり取りしていたのに、全く会う気がない…」というように、サクラに騙されて料金だけを搾取されるようなこともありません。

犯罪や、サクラに騙されるリスクを回避するためにも、出会い系を利用するなら、優良なものを利用してください。

ハッピーメール R18
公式:https://happymail.co.jp/
累計会員数3000万人。運営年数22年以上。プロフ閲覧無料なため気軽に日常使いができる。
詳しく

職場・仕事関係

職場は社会人生活の大部分を占めるため、自然と出会いの場となります。共通の業務を通じて、同僚や上司、さらには取引先との間で価値観や考え方を共有することができます。これは、深い信頼関係を築く絶好の機会となります。

また、仕事終わりの社交活動や社内イベントも、新たな人脈を広げる貴重なチャンスです。しかし、職場における恋愛関係には慎重さが求められます。プロフェッショナルな関係性を保ちつつ、自然な流れで人間関係を深めることが、豊かな職場生活の秘訣と言えるでしょう。

習い事

趣味や習い事は、個人の関心を深めるだけでなく、新しい人々と出会う絶好の機会を提供します。例えば料理教室、ダンススクール、語学クラスなど、多様なジャンルがあります。これらの活動は、同じ関心を持つ人々との自然な交流の場となり、新たな友情や恋愛関係を育む基盤を提供します。また、スポーツやオンラインゲームなど、共通の趣味を持つ人々と出会いやすい環境も多く存在します。

これらの環境は、共通の趣味を持つことで自然な会話が生まれやすく、健全でリスクの少ない出会いを実現します。既に趣味を持っている場合は、その趣味のコミュニティに参加することが一つの方法です。また、新しい趣味を探すことも、出会いの機会を広げる良い方法です。

自分の関心だけでなく、出会いたいタイプの異性や年代が参加しそうな活動を選ぶことで、出会いの確率をさらに高めることができます。習い事や趣味を通じて、楽しみながら新しい人間関係を築くことが可能です。

趣味・サークル

趣味やサークル活動は、共通の関心を持つ人々と出会うための理想的な場所です。音楽、アート、スポーツ、読書など、様々な趣味を通じて新しい友達や恋人との出会いが生まれる可能性があります。都市部には多種多様な趣味を楽しむサークルやグループが豊富に存在し、これらの集まりに参加することで、趣味をさらに充実させると共に、同じ関心を共有する人々と有意義な時間を過ごせます。

趣味やサークル活動は、忙しい社会人生活の中で精神的なリフレッシュの機会を提供します。これらの活動を通じて、日常生活から離れて楽しむことで、新たな出会いや人間関係を築くことが可能になります。趣味のサークルやグループに参加することは、共通の関心を持つ人々と繋がり、新しい友情や恋愛関係を発展させる素晴らしい手段と言えるでしょう。

友人・知人の紹介

友人や知人の紹介、特に同窓会や学生時代の知人からの紹介は、社会人にとって信頼性の高い出会いの源です。これらの環境は、共通の過去や背景を共有しているため、新しい人々との関係を築く際に安心感を与えます。同窓会や学生時代の知人を通じた紹介は、過去の共通点を基にした安定した出会いを提供します。

紹介を受ける際には、自身の求める条件や期待を明確に伝え、適切な相手を紹介してもらいやすくします。また、紹介された相手に対しては、感謝の意を忘れず、お互いの快適な関係構築に努めることが大切です。友人や学生時代の知人からの紹介は、新しい友情や恋愛関係を築くための安全かつ効果的な方法と言えます。

合コン・・街コン・飲み会

合コンや街コン、飲み会は、社会人にとって人気のある出会いの場です。これらのイベントは、友人や同僚を介して異性と出会うチャンスを提供し、特に恋人探しには理想的な方法とされています。趣味や価値観が合う友人を見つけることも可能ですが、自分を矯正せずに自然体でいること、相手の話を聞く姿勢を大切にすることが重要です。

合コンでは、友人の紹介で数人の異性と出会える機会があります。しかし、合コンにはデメリットも存在します。例えば、男性側が多くの費用を負担することが一般的であり、参加する女性の数が限られているため、選択肢が少ないことが挙げられます。そのため、合コンは気軽に女性と出会える場ではあるものの、コストパフォーマンスの面で考えると最適とは言えません。

一方で、街コンは、一つの街を会場にした大規模な合コンのようなもので、参加者は数百人から数千人にも及ぶことがあります。参加料金はやや高めですが、1日で多くの異性と出会う機会があり、合コンやその他の出会い方に比べてコストパフォーマンスが高いと言えます。友達を誘って参加することで、出会いの機会をさらに広げることが可能です。合コンや街コン、飲み会を通じて、多くの異性と出会い、新しい関係を築く機会を最大限に活用しましょう。

BAR

BARや相席居酒屋は、社会人がリラックスしながら自然な形で出会いを楽しむ場所です。特に相席居酒屋は、同席することで未知の人々と交流の場を持つことができるのが魅力。また、BARのカウンター席では、バーテンダーや隣の客との会話が弾むことも少なくありません。気軽に一人で訪れることができるので、出会いを求めている方にはおすすめのスポットです。ただし、相手の意向を尊重し、無理に会話を続けるのではなく、自然体で楽しむことが大切です。

バーでナンパするのも、手っ取り早く女性と出会う方法です。

合コンや街コンと違って、バーでは自分たちが飲んでいる分しかお金がかかりません。

仮に、知り合って一緒に飲むことになった女性の分を負担することになっても、大した額ではないでしょう。

また、自分の好きな時間に足を運ぶことができるので、合コンや街コンに比べて、時間の制限がありません。

コスト、時間の面から考えると、バーナンパはかなり優れているといえます。

ただし、バーナンパにはナンパスキルが必要。

バーでのナンパは、自分にも相手にもお酒が入っているので、ストリートナンパよりも成功率は上がります。

しかし、ナンパをしたことがない男性の場合、いざバーに出向いてみたはいいものの、飲み終わるまで誰とも話せなかった…なんていうことにもなりかねません。

街コンや合コンでは、女性側も「男性と出会いたい」と考えてきている人がほとんどなので、相手も進んで会話をしてくれます。

しかし、バーナンパではそうはいきません。

軽くあしらわれてしまうこともあるでしょうし、時には無視をされることだってあるでしょう。

もちろん、経験は実戦で積む!というスタンスで、乗り込んでみるのもアリですが、ある程度の女性経験を積んでから実践することをおすすめします。

相席屋

相席屋や相席ラウンジは、気軽に女性と出会うことができる方法として、サラリーマンに人気です。料金体系は、女性が無料で飲食を楽しめる一方で、男性は30分の食べ飲み放題が1500円から1800円程度となっています。

街コンと同様、基本的には同性のグループで店に入り、店員が連れてきた女性と交流するシステムです。話が合えばそのまま外で会うことも可能で、希望に応じて他の女性と話すこともできます。

しかし、相席屋にはいくつかのデメリットも存在します。例えば、無料の飲食を目当てに来ている女性がいるため、出会いを重視しない女性に出会うリスクがあります。これにより、交際に至らない場合でも飲食代を支払うことになり、結果的にコストパフォーマンスが低下する可能性があります。

相席屋を利用する際には、このようなリスクを理解し、適切な期待を持って参加することが重要です。また、相手の意図を見極める洞察力も必要です。相席屋や相席ラウンジは、正しいアプローチと理解をもって利用すれば、新しい出会いの場として非常に有効です。

副業・アルバイト

副業やアルバイトは、社会人が新しい出会いを増やすのに最適な手段です。新しい職場に身を置くことで、異なる価値観や背景を持つ人々との交流の機会が生まれます。

また、異業種との接触が増えることで、自身の専門分野とは異なる知識やスキルを学ぶ機会も得られます。副業やアルバイトを、単に収入の向上だけでなく、新しい人脈を築くための手段として利用することは、非常に効果的です。

現代社会では副業が推奨され、多くの人々がすでに副業を始めています。副業やアルバイトをすることで、本業では出会えないような新しい関係が自然と生まれます。フリーランスや個人事業主としての副業では、同じ分野の人々と繋がることも多く、ビジネスのやり取りを通じて、異なる会社や業種の人々と接点を持つこともあります。

副業やアルバイトを通じて、収入を増やすだけでなく、新しい出会いや人脈を広げることができるのは、大きなメリットです。これらの活動を通じて、仕事の幅を広げると同時に、人間関係の幅も広がっていくでしょう。

婚活イベント

婚活イベントは、結婚を真剣に考える人々が集まる場で、近年その人気は高まっています。多様な企業や団体が開催するこれらのイベントは、異性との出会いのチャンスを広げる絶好の機会です。

イベントの形式も多岐にわたり、スピードデート、共通の趣味を持つ人々の集まり、共同で料理やスポーツを楽しむものなど、様々です。参加者は自分の興味やライフスタイルに合ったイベントを選ぶことができ、同じ目的を持つ人々と出会うことが可能です。

婚活イベントは、ただの出会いを求める場を超えて、結婚を前提とした真剣な関係を築きたいと考えている人々にとって理想的です。参加することで、新しい出会いや貴重な経験を得ることができるでしょう。興味がある場合は、一度参加してみることをお勧めします。このようなイベントを通じて、将来のパートナーに出会える可能性が高まります。

結婚式

結婚式は、新しい出会いの場としてよく見落とされがちですが、実は大きな機会を秘めています。この場では、新郎新婦の友人や親戚が集まり、多くの場合、共通の知人を介して初めて顔を合わせることになります。結婚式の祝福される雰囲気とイベントの流れは、参加者間で自然な会話を促すのに適しています。

参列者として結婚式に出席する際は、オープンマインドを持ち、新しい人々との交流を楽しむことが重要です。このような場では、共通の知人を通じて、安心して新しい人と関わることができます。

さらに、結婚式は人々が幸せな気持ちでいるため、ポジティブな出会いが期待できる環境です。思わぬ素敵な出会いがあるかもしれませんので、結婚式を出会いのチャンスと捉え、積極的に交流を図ることをお勧めします。

ボランティア

ボランティア活動は、社会貢献を目的としながらも新しい出会いの場としても非常に有効です。同じ目的や価値観を持つ人々と共に活動することで、自然と絆が深まりやすく、予想外の友情や恋愛関係が芽生えることも。また、ボランティアは地域や活動内容によって様々な形があるため、自分の興味やスキルに合わせて選ぶことができます。社会的な意義を持つ活動を通して、心温まる出会いを経験してみてはいかがでしょうか。

店員と客

日常のショッピングやカフェ訪問時、店員とのちょっとした会話は新しい出会いのきっかけとなることも。店員さんは多くの人とコミュニケーションをとる仕事柄、オープンでフレンドリーな方が多いです。反対に、常連客として店を訪れることで店員さんとの距離が縮まることも。ただし、プライバシーや節度を守りながらコミュニケーションをとることが大切です。適切な距離感を保ちつつ、自然な関係性を築くことが出会いを増やすコツと言えるでしょう。

水商売(キャバ・ガールズバー)・風俗

水商売や風俗は社会人にとって魅力的に見える出会いの場ですが、注意が必要です。キャバクラやガールズバーでの関係は商業的なもので、個人的な関係ではありません。風俗業界も同様で、従業員と客との関係は職業的な境界があります。これらの場での出会いは社会的な偏見や誤解を招きやすいため、より自然な環境での出会いを探すことをお勧めします。趣味のサークルや友人の紹介など、共通の興味を持つ人々との健全な関係を築く場所を選ぶべきです。

ナンパ

ナンパは、街中や特定のスポットで異性に声をかけることを指します。昔からの伝統的な出会いの手法の一つであり、正直なところ、好みや結果は人それぞれです。成功するためには、相手の気を引く自己PRや場の空気を読む能力が求められます。しかし、ナンパには無理やり感や押し付けがましさがないように注意することが大切。相手の反応や意向を尊重し、無理なく自然体でアプローチすることが、良い出会いへの第一歩となるでしょう。

社会人が出会いを増やすコツと注意点

社会人としての日々の忙しさの中で新しい出会いを増やすためのコツは、何よりも「積極的な行動」を心がけることです。ただ待っていても新しい出会いは訪れません。意識的に新しい場に足を運ぶ、知らない人とのコミュニケーションを楽しむことが重要です。ただし、出会いの場での行動は、レピュテーションリスクも考慮しながら進めることが大切です。自分らしさを保ちつつ、相手を尊重する姿勢で接することで、質の高い出会いを手に入れることができるでしょう。

積極的に行動するに尽きる

出会いのきっかけは多様ですが、何より大切なのは「自分から行動すること」です。新しい場所や人々に触れることで、自らの人脈や経験が広がります。ただ待っているだけでは、チャンスは訪れません。例えば、気になるイベントやサークル活動があれば、迷わず参加する。友人の紹介で新しい人との飲み会があれば、積極的に出席する。このように、少しの勇気から始める一歩が、未知の出会いとの扉を開く鍵となります。

レピュテーションリスクの管理

レピュテーションリスクとは、ある行動や発言によって、個人や組織の評価や信頼が低下するリスクのことを指します。社会人としての出会いを増やす中で、このリスクの管理は非常に重要となります。

例えば、SNSでの過度な自己開示や不適切な発言は、後にその投稿が広まり、自身の社会的信頼を損ねる可能性があります。また、飲み会や合コンでの過度なアプローチや、無自覚な差別的な言動は、その場の雰囲気を悪くするだけでなく、後日、信用失墜の原因ともなり得ます。

したがって、出会いを追求する過程での言動は、常に慎重に選ぶことが求められます。自らの発言や行動が、後に公に知れ渡った場合の影響を常に意識し、質の良い出会いを保ちながら、レピュテーションを維持・向上させる努力が必要です。

仕事関連の女性に手を出すリスク

出会いの母数を増やす手段として、手っ取り早く思いつくのが職場の同僚など「仕事関連の女性」に手を出すことです。

しかし、結論から言うと、仕事関連の女性に手を出すのはかなりリスキーといえます。

社内恋愛がきっかけで仕事に支障が出てしまうかもしれませんし、それがバレた時の周りへの対応も、なかなか面倒です。

それに、純粋な恋愛ならまだいいですが、不倫や体だけの関係の場合、相手の女性がいつも近くにいるという状況はできるだけ避けたいです。

そのような無用なリスクを回避するためにも、仕事関係の女性で出会いの母数を稼ぐというのはあまりおすすめできません。

会社やなにかのコミュニティ内では、たいていは恋愛が良しとされていません。

うまく言っているうちは問題がありませんが、別れたとき・関係が悪化したときに高確率で誰かが被害を被るからです。

少なくとも男女どちらかが会社かその部署を離れるようになるので、本人だけでなく会社組織としてもマイナスになるので推奨されません。

ほとんどの場合は立場が弱い方が被害を受けます。

よく正社員が派遣やバイトの女の子に手を出して、別れたら裏で手を回して派遣契約を切られるという問題が起こります。

古い時代はそれでなんとかしてたおじさん達もいたでしょが、今の時代であれば会社の名前とともにSNSで晒されて社会的に制裁が与えられます。

仕事とは全く関係のないフィールドで、女性との出会いを増やすべきです。

水商売の女性に手を出すリスク

女性と出会うための方法として、キャバクラやホステスなどに通って、お店の女性と親しくなるというものがあります。

確かに、手っ取り早く女性と出会うことができますし、女性も壁を作らずこちらに接してくれます。

しかし、サラリーマンがキャバクラやホステスなどの水商売に出会いを求めるのは得策ではありません。

なぜなら、コストパフォーマンスがあまりにも悪すぎるからです。

キャバクラやホステスに通うとなれば、それなりのお金が必要になります。

女性もあくまで「仕事」としてこちらに接しているので、1度お店に足を運んだだけでは良い関係になることは、まず不可能です。

何度も、足繁くお店に通い詰める必要があります。

それでも、最終的にこちらを「客」としてではなく「男性」として見てくれるかどうかはわかりません。

もちろん、かなりの収入があって、懐に余裕があるならそれでもかまわないでしょう。

しかし、普通のサラリーマンがこれを行うことは、時間とお金の無駄遣い意外の何物でもありません。

サラリーマンという、限られた給料、限られた時間の中で出会いの母数を増やすのであれば、水商売の女性に手を出すのは、非効率的といえます。

まとめ:社会人でも出会いを増やせる

社会人としての日常では、学生時代と比べて出会いが減少する印象を受けるかもしれませんが、それでも新しい人間関係を築く機会は豊富に存在します。職場や趣味、友人の紹介から、イベントやボランティア活動まで、多様なシーンでの出会いが期待できます。

特に、最近のトレンドとしてマッチングアプリの利用が増えています。これらのアプリは、自分の好みや興味に合わせて、様々な人と繋がることができるため、非常に効率的な出会いの手段となっています。技術の進化により、安全性やマッチングの精度も向上しており、多くの社会人にとって信頼性の高い出会いのツールとなっています。

結局のところ、出会いのチャンスは自らが掴むもの。積極的に行動し、新しい出会いの場を探求することで、より充実した社会人生活を楽しむことができるでしょう。

ハッピーメール R18
公式:https://happymail.co.jp/
累計会員数3000万人。運営年数22年以上。プロフ閲覧無料なため気軽に日常使いができる。
詳しく
  1. サクラがいないマッチングアプリの選び方と業者や援デリの見分け方 ↩︎
よかったらシェアしてね!
目次